出典:photoAC

Baby&Kids

赤ちゃんの人見知りはいつから始まる?泣いちゃったとき接し方のコツを解説

赤ちゃんが人見知りをするのは、成長の過程でごく自然なこと。とは言っても、初めてのママは分からないことだらけで不安になってしまいますよね。今回は、人見知りはいつから始まりいつまで続くのか、原因や対策法など、赤ちゃんの人見知りについて詳しく解説していきます。

家族など、身近な人に人見知りしてしまったときの対策法もご紹介しますよ。

■人見知りはいつから始まる?何歳まで続くの?

まずは、人見知りが始まる時期からみていきましょう。

・乳児期6カ月ごろから2歳までが多い

出典:photoAC

人見知りは、生後半年ごろから始まる子が多く、8~9カ月ピークを迎えるよう。おおむね2歳ごろまでに落ち着く子供が多いようです。何度も会ったことがあるのに、たまに会う祖父母にギャン泣きという子供も少なくありません。

・2歳を超えても続く場合も!個性ととらえよう

出典:photoAC

多くの場合、2歳ごろには人見知りが落ち着いてきますが、「2歳以上になっても人見知りが収まらない」という場合もあるようです。しかし、人見知りは個人差が大きいため、過度に心配する必要はありません。

出典:photoAC

大きくなっても人見知りが改善しないと、「うちの子は恥ずかしがり屋だから」などと子供の前で過剰に反応してしまうこともありますよね。しかし、過剰に反応してしまうと、子供自身も「僕は恥ずかしがり屋なんだ」と認識してしまい、余計に症状を悪化させてしまうことも。
子供が人見知りをしても自然に接することで、大人も子供も気づかないうちに人見知りが軽減していくようになるでしょう。

■なぜ人見知りをするの?原因を解説

ここからは、赤ちゃんが人見知りをする理由についてみていきましょう。

・視力が発達し、よく見えるようになったため

出典:photoAC

生後半年ごろは視力が発達し、だんだんと焦点が合うようになります。動くものを追視したり、顔を認識できるようになるので、好奇心や恐怖心が育つ時期でもあります。知らないものに対して恐怖心を持つことが、人見知りをする原因となるようです。

・記憶力が発達!知らない人と知っている人を区別するため

出典:photoAC

生後半年以降は、記憶力や判断力が徐々に成長していく時期。ママやパパが特別な存在であることを認識するため、知らない人に対して恐怖心を抱くようになります。同時に好奇心もあるので、「何度も知らない人を覗き込んでは泣く」というケースも。
何度も確認しては「やっぱり知らない人だ!」と判断し、泣いてしまう赤ちゃんは多いようです。人見知りは赤ちゃんの脳や心が発達している証拠なのです。

・人見知りは個人差が大きい!性格の違い

出典:photoAC

人見知りが激しい子もいれば、人見知りが全くなくいつもニコニコ!という子もいるでしょう。人見知りは個人差が大きく、その子が持つ性格によっても全く違います。また、人見知りは必ずしも「泣く」という行為で表れるわけではありません。
泣いていなくても、「初めて会った人の顔をじーっと見つめる」というこの行為も、実は人見知りの場合も。人見知りをした方が良い、人見知りがない方が良いというものではなく、大切なのは知らない人と身近な人を区別できているかどうかのようです。

■人見知りさせないようにするべき?ママの対応のポイント

出典:photoAC

お出かけ先や、ママ友同士の交流など、おうち以外の場所で赤ちゃんが激しく泣いてしまうと、ママも困ってしまいますよね。
ここからは、「人見知りをする赤ちゃんに、どのように対応したら良いの?」というママの疑問にお答えします。

・成長の過程!直さなくちゃと思わなくて良い

出典:photoAC

人見知りは成長の証でもあるので、無理に直そうとする必要はありません。人見知りを改善しようと無理にいろいろな人に抱っこさせたり、ふれ合わせることは、赤ちゃんにとって強いストレスになってしまうことも。
また、泣き止ませようとママが必死になっていると、親の不安な心が赤ちゃんに伝わってしまいます。この時期にしか見ることのできない微笑ましい行動と考えると、きっと気持ちに余裕がでるはずです。

・赤ちゃんにとって身近な人が落ち着かせよう

出典:photoAC

人見知りで赤ちゃんが激しく泣くようなら、赤ちゃんが安心できるようにママやパパが抱っこをしてあげると良いでしょう。知らない人にすぐ慣れさせようとするのではなく、まずは距離をおいて「怖い人じゃないんだよ」と安心させてあげることが必要。
ママやパパと知らない人との関係を見ることで、赤ちゃんが徐々に「この人は大丈夫かも」と判断するようになります。焦らず時間をかけることで、赤ちゃんを安心させてあげたいですね。

・あらかじめ我が子が人見知りであることを伝える

出典:photoAC

「うちの子人見知りが激しいの」など、あらかじめ周囲の人間に人見知りについて伝えて置くのもひとつの手。慣れるまでは、突然近づいたり話しかけたりしないように柔らかく伝えておくことで、赤ちゃんの領域に突然、知らない人が入っていくのを避けることができます。
知らない人と楽しそうに過ごしているママやパパを見れば、きっと赤ちゃんの不安を取り除くことができるでしょう。

■身近な人にも!こんなときの人見知りどうする?

赤ちゃんは、知らない人だけでなく、身近な存在の家族や保育園の先生に人見知りしてしまうことも。「毎日顔を合わせているのになぜ…?」と落ち込んでしまうこともあるかもしれませんが、心配しすぎなくても大丈夫!
ここでは、身近な人に人見知りしてしまう場合の原因と対策についてご紹介します。

・パパに人見知り…!どうする?

出典:photoAC

「日中の赤ちゃんの世話のほとんどはママが担当」という家庭は少なくないですよね。朝や夜の限られた時間しか会えないパパに比べて、赤ちゃんと日々スキンシップをとっているママは、赤ちゃんにとって安心できる絶大な存在!
「パパがお世話しようとすると泣きじゃくる…」なんてケースは、意外とよくある話。パパが嫌いな訳ではなく、パパよりママにお世話してほしいという気持ちの裏返しなのかもしれませんね。
そんなときは、家族みんなで過ごす時間をできるだけ増やしてみましょう。無理にパパと赤ちゃんだけで過ごそうとするのではなく、家族みんなで楽しい時間を過ごすことで、赤ちゃんも徐々にパパに慣れてくれるはずですよ。

・久しぶりに会った祖父母に人見知り!

出典:photoAC

「実家に帰省するとおじいちゃんやおばあちゃんに、激しく人見知りする!」というケースもよくあります。久しぶりに会う祖父母の顔を見て、不安になってしまう赤ちゃんは多いようです。普段見ない顔にあわせて、自宅とは違う見慣れない場所で過ごすことは、赤ちゃんにとって不安度マックス!
そんなときは、前もって祖父母の写真を赤ちゃんに見せてあげるのもひとつの手。祖父母の写真を見せ、「○○ちゃんのおじいちゃんとおばあちゃんだよ」と普段から優しく教えてあげることで、直接会ったときの赤ちゃんの不安を少しでも和らげることができるかもしれません。
また、「祖父母の顔を覗いては泣きじゃくる」という赤ちゃんもいますよね。そんなときは、祖父母に「赤ちゃんが見ても最初のうちは目線をそらしてもらえる?」などと、最初は過剰に赤ちゃんにスキンシップをとらないようにお願いしておくのも◎。
ママやパパが祖父母と楽しそうに会話しているのを見て、「次第に赤ちゃんの方から祖父母に近づいていった」というケースもありますよ!

・保育園で先生やお友だちに人見知り!

出典:photoAC

保育園の先生やお友だちに人見知りするケースもよくあります。慣れない場所やママのいない不安から、人見知りをしてしまう赤ちゃんはとても多いようです。保育園に送り出すときに赤ちゃんが泣いてしまうと、ママも辛いですよね。
このまま「泣き続けるのかな…?」と不安になることもありますが、そんなときはママが楽しそうに笑顔でいることが大切!「楽しい場所だから大丈夫だよ」「また迎えにくるね」などの声かけをして、安心させてあげると良いですよ。

■人見知りは赤ちゃんの成長の証!

人見知りは赤ちゃんの心や脳が発達している証拠なので、喜ばしいことなのかもしれません。個人差が大きく、赤ちゃんによって行動の表れ方も違うので、「うちの子は」と心配する必要はありません。
赤ちゃんの不安な気持ちを受け止め、ゆっくりと安心させてあげたいですね。

rie

1歳男の子のママです。お出かけ好きで、週末は家族で遠出していろんなところに遊びに行きます♡
マイペース・のんびり子育てがモットー*
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]

SPECIAL!