Baby&Kids

うちの子わがまま?と感じたら喜ぼう。こだわり派は努力家になる

vol.1370【1日1成長お母さん】こだわりはエネルギーの源!可能な限り尊重してあげよう

2歳はこだわりが強く出る時期。2歳以降もこだわりが強い子は才能の持ち主

子どもは2歳くらいになるとこだわりが強くなります。“電気をつけるブーム”の時は、うっかりお母さんがつけてしまうと大号泣。また毎日同じパンツを履きたがるなど、大人からすると「妥協も覚えてほしい」と思うことが多いでしょう。
こだわりは成長とともに収まってくるので「今はそういう時期」と考えて付き合ってあげると良いでしょう。しかし2歳を過ぎてもこだわりが強いタイプの子がいます。
お母さんは育てにくさを感じるでしょうが、それこそがその子の才能なのです。

こだわりの強さは、たくましく社会を渡り歩いていくために必要な力になる

5歳のAちゃんは「ご飯はこのお皿に入れてくれなきゃイヤ!」「この服は着ない」など、こだわりが強いタイプ。お母さんは育てにくさを感じるとともに「こんなにわがままでは、お友だちができないのでは」と心配していました。
しかし「わがまま言うんじゃない」と叱りつけてもあまり効果がないそうです。
実は一見短所のように思われるAちゃんのこだわりは、将来たくましく社会を渡り歩いていくために必要な力になります。安易に叱っては、その力を発揮できなくなる恐れもあります。

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]