Baby&Kids

1歳で叱るのは危険のみ。その他は成長の過程として見守ろう

vol.1379【1日1成長お母さん】子どもの寝顔への謝罪から脱却!子育てでの落ち込みを減らそう

子どもの行動にイライラ。つい大声で怒ってしまう自分に落ち込む毎日

子育て中は子どもの著しい成長が嬉しい反面、成長速度にお母さんの対応が追いつかずに焦ったり、つい大きな声で怒ってしまったりということがあるでしょう。特に歩くことができて動きがスピーディーになり始めた頃、よちよち歩く姿に喜んでいたのも束の間、活動範囲が広がりお母さんが「やめて!」と思う行動が多くなります。
子どものことを見張ったり怒ったり、してほしくないことをする我が子にイライラしながら生活しているお母さんもいるでしょう。

子どもの寝顔に「ダメなお母さんでごめんね」と謝り落ち込む夜は辛い

1歳のKくんは元気いっぱいの男の子です。1歳の誕生日を過ぎた頃から歩き始め、歩行能力とともにイタズラも急成長。トイレットペーパーを全部引き出したり、引き出しの中から鍋やボウルなどを出したりとお母さんが「やめてー!」と叫んでしまうことばかり。
イタズラには注意が必要とKくんの為を思い、だんだん怒る回数が増えていきました。毎日何回も「ダメ!何してるの!」と注意し、Kくんは大泣きするということの繰り返しです。お母さんは夜に「ごめんね」と涙とともに寝顔に謝るのが日常でした。
 

子どもを叱っていい場面を知ると自信を持って子どもに伝えることができる

お母さんの中には「大きな声を出して注意しなくても良かったかな」と子どもを注意する判断に迷いながら、叱っている人もいるでしょう。
実は子どもを叱るべき場面は「危険・不道徳・不健康」の3つの場面のみです。
そして、1歳で叱るのは危険な場合のみでいいのです。“子どもが危険なときは叱っても良い”ということを念頭に置いて生活してみてください。
今まで叱っていたことはほとんど叱る必要がないと感じることでしょう。

叱る前に「子どものため?自分のため?」と自分に問う時間を持とう

もし寝顔に謝っているならば、謝れる自分をまずは褒めてあげましょう。子どものために接し方を振り返り、真剣に子育てができているということです。かわいい寝顔に向けての「ごめんね」の気持ちは子どもにも伝わっているはずです。
そして、危険なこと以外で子どもを注意するときに自問自答してみることもお勧めします。「自分のため?子どものため?」と尋ねることで、怒りすぎて後悔することが減るはずです。こう考える時間が、冷静に注意できる心の余裕を与えてくれることでしょう。

今日の1日1成長

1歳の子には“危険”のみ叱ってよし!伝える前に誰のためか考えよう
子どもの理解力も1成長、お母さんの注意力も1成長。
かわさき ちか(文)田中京子(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]

SPECIAL!