Baby&Kids

親バカくらいがちょうどいい。子どもの自信に繋がる親同士の会話

vol.1380【1日1成長お母さん】謙遜することが多い国だからこそ、人前で子どもを褒めてあげよう

子どもは自信を持って生まれてくる。成長過程で自信をなくしてしまう

自分に自信を持っている人はどれくらいいるでしょうか。残念ながら日本人は約8割の人が手をあげられずにいます。
では、生まれたばかりの子どもはどうでしょうか。実は自信のない子は存在しないのです。子どもは、もともと自信を持って生まれてきます。
成長の過程で起こる様々な出来事が子どもの自信を高めたり、ときに失わせたりもします。中でも、一番近くで子どもの成長を見守るお母さんは、子どもに大きく影響を与えます。

ママ友との会話は要注意!お母さんの発言は子どもの自信に影響する

2歳の男の子を子育て中のYさんは、自分に自信が持てず悩んでいました。
幼いころ、自分のお母さんとママ友との会話ではいつも「この子は勉強が得意ではなくて…」と耳が痛くなるような話ばかりでした。その会話を聞くことが苦痛に感じ「自分はダメな子なのだ」と思うようになったそうです。
自分の子どもには同じように感じてほしくないと思い、我が子を褒めてもらえた時には「ありがとう」と言っていまいた。

褒められたら「ありがとう」と受け取ることで自信を持てるようになる

子どもはお母さんが思っている以上に親同士の会話に耳を傾けています。ママ友との会話で我が子を褒められたとき、謙遜したり逆に子どものダメなところを言ったりするお母さんの姿をよく見かけます。それを聞いた子どもは「お母さんはそんな風に思っているのだ」と受け取ってしまい、その積み重ねで自信が持てなくなっていくことも。
子どもを褒めてもらったら親バカになり「ありがとう!うちの子は優しいの」と認めてあげることで、子どもは自信を持てるようになります。

家の外でも中でも、子どもを認める言葉で愛情をしっかり伝えよう

お母さんの愛情は子どもの自信になります。お母さんの会話の内容が子どもの自信を奪ってしまったり、逆に自信を与えたりします。
子どものできない事よりできる事に目を向け、家の外はもちろん家庭内でも子どもの行動をたくさん褒めてあげましょう。そうすることでお母さんからの愛情を感じることができるはずです。
子どもが“ちゃんと愛されている”と感じることで人からの評価を気にせず、何にでも興味を示し挑戦できる子に育っていきます。

今日の1日1成長

ママ友との会話で我が子を褒めてもらえたら「ありがとう」と受け取ろう
子どもの自己肯定力も1成長、お母さんの会話力も1成長。
吉田あき(文)かわさきちか(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]

SPECIAL!