Baby&Kids

兄弟同士のおもちゃの取り合い。仲裁に入る前にまずは質問しよう

vol.1384【1日1成長お母さん】みんなが納得できる提案力がケンカを解決する糸口になる

おもちゃの取り合いはお母さんの悩みの種。叱るよりも解決策を導こう

子どもが2人以上いる家庭では兄弟げんかは毎日のように起こりますよね。朝起きてから夜寝るまで小さなことでケンカになります。
頻繁に起こるのがおもちゃの取り合いではないでしょうか。その様子を見ているとお母さんも「いい加減にしなさい!」「お兄ちゃんなんだから弟に貸してあげなさい!」と叱ってしまうこともあるでしょう。
それでも、やめる様子が見られないとうんざりしてしまいます。そんな時はどうすればお互いが納得できるのか、自分たちで解決できるよう導いてあげましょう。

同じものを2個買うより1個を仲良く使ってほしいのがお母さんの本音

上の子が持っているものを下の子も欲しがることがよくあります。他人の持っているものは、おもちゃでもコップでも何でも欲しくなってしまうのです。同じものを買い与えるお母さんも多いですが、すべてのおもちゃを人数分買うことは難しいですよね。
結局ほかの物の取り合いでケンカをしてしまいます。そして誰かが泣いてお母さんに助けを求めてくることになります。
お母さんが解決することは簡単ですが、子どもたちだけで解決できるようになってほしいですよね。

「どうしたい?」で子どもの意見を聞き、解決策を一緒に考えてあげよう

子どもたちがおもちゃの取り合いをしていたら、けがをする恐れがなければまずは見守りましょう。どちらかがお母さんに助けを求めてきたら「おもちゃ取られたね。どうしたい?」と尋ねます。「返してほしい」と子どもが伝えたら「自分で言える?」「一緒ならできる?」と解決策を提案しましょう。まずは自分の意見を伝えることが大切です。
はじめは自分の意見が言えないこともありますが繰り返し経験することで解決策を自分で考え、行動できるようになっていきます。

おもちゃの取り合いを解決することが、子どもの交渉力を高めることに繋がる

それでも解決しない場合があります。2人とも同じおもちゃで遊びたくて譲らない時は“今日我慢すれば明日と明後日の2日間使える”“1番にお着替えできた人が使える”などいくつか提案してみましょう。子どもたちの方が大人が思いつかない面白い解決策を思いつくこともあります。
社会に出ると1つの案件で意見が異なる場面はたくさんあります。そんな時にお互いが納得できるよう交渉する必要があります。
兄弟げんかは交渉力を身につける絶好のチャンスなのです。

今日の1日1成長

おもちゃの取り合いには「どうしたい?」と質問し、交渉力を身につけよう
子どもの交渉力も1成長、お母さんの提案力も1成長。
吉田あき(文)かわさきちか(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]

SPECIAL!