Baby&Kids

パズル遊びで集中力を高めるには「手伝って」の言葉を教えよう

vol.1396【1日1成長お母さん】お助けマンを呼ぶことで“できた”がつながり集中が持続する

子どもの学習は集中力が大切。遊びながら集中力を高めることで効率アップ

子育て中のお母さんは、子どもには集中して学習やスポーツに取り組める子になってほしいと願う方も多いでしょう。中には、子どもがまだ小さな頃から学習面の教育に熱心なお母さんも。
学習といえば椅子に座って集中する姿を思い浮かべる人が多いでしょう。しかし、集中力は2歳頃から遊びの中で高めることができるのです。
子どもの学びの効果をアップさせるには、遊んでいる感覚で体や指を動かしながら集中力を高めることが大切です。

「できない」と怒り出したときは“できた”の集中力が切れてしまったとき

パズルは指を動かすので集中力を身に付けるのに最適です。
2歳のSくんは、初めは4ピースから始め、今では30ピースも簡単にできるようになりました。
ある日Sくんがどうしても欲しいと言うパズルがありました。それはなんと65ピースです。お母さんは“まだ早いのでは…”と迷いながらも購入し、やらせてみました。
始めはいつもと同じように集中して取り組んでいましたが、だんだんはまらないものが続き…「できない~!」と怒って泣き始めてしまいました。

「手伝って」「一緒にやって」の魔法の言葉が子どもの集中力を持続させる

子どもの脳は“楽しそう”と感じ“できた”という達成感と仕組みなどが“わかった”という感覚が繰り返されている時に集中力が高まります。つまり“できた”が止まると集中が切れてしまうのです。
Sくんのようにできないことに怒って投げ出しそうな時は「手伝って」や「一緒にやって」などの言葉を教えましょう。お母さんの力を借りて再び“できた”が始まるとまた集中がスタートします。
遊びながらこのような魔法の言葉を教えることは、将来の学習力アップにも繋がるのです。

魔法の言葉は約束の言葉。見にきてくれるという信頼がかんしゃくを抑制する

魔法の言葉「手伝って」「一緒にやって」を教えるときの注意点が1つあります。それは子どもから言われたとき、お母さんは必ず見に行くよという暗黙の信頼関係を作り上げることです。
子どもが「手伝って」と言ったときには、できる限りすぐに寄り添いましょう。それを繰り返すことで魔法の言葉の効力により癇癪や怒っていた場面が減っていくことでしょう。
子どもの集中力を高めたければ、お母さんが言葉の効力を守る努力が大切です。

今日の1日1成長

集中力を高めるためには「手伝って」に素早く対応し信頼関係を築こう
子どもの集中力も1成長、お母さんの対応力も1成長。
かわさきちか(文)田中京子(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]

SPECIAL!