Baby&Kids

ガミガミ言うのはもう卒業!お母さんの我慢が子どもの自立を育む

vol.1416【1日1成長お母さん】「〇〇しなさい」を減らそう!言い続けると指示待ち人間を生む

「〇〇しなさい」を減らし自分で考え行動できる自立した子に育てよう

子育て中のお母さんは子どもが社会へ出た時に「なるべくなら苦労をしてほしくない」「ちゃんと自立した大人になってほしい」と思うものです。
子どもが自立するためには必要なことは親が手伝わなくても自分のことは自分できるようになることです。子どものことを思って「あれしなさい」「これしなさい」と口うるさく言ってしまっては自ら考え行動する力が身に付きません。
「〇〇しなさい」をなるべく減らし自分で行動できるよう導きたいものです。

「〇〇しなさい」を「〇〇しよう」に変え「いつにする?」と付け加えよう

子どもは先のことを予測する能力が未発達です。次にすべきことを予測する力が育つのは一般的に4歳頃から。
ですから4歳前の子が予測して行動することは難しいのです。「歯磨きをしなさい」「早く着替えなさい」とお母さんが先回りし過ぎると、子どもは自分で考えることをしなくなります。
「〇〇しなさい」と指示するのではなく「〇〇しよう」に言い変えましょう。行動できなければ「いつにする?」と付け加え、自分で考え行動する力を育みます。

お母さんが子どもの行動を決めるのではなく子ども自身に決めさせよう

子どもはテレビを見ていたり、玩具で遊んでいたりと集中している時は聞く耳を持てません。お母さんに指示されてもなかなか行動に移せないのは、自分でやるという気持ちになっていないからです。
「〇〇しよう」の後に「いつする?」と質問し、子ども自身にいつ行動するのかを決めさせるとよいでしょう。
「後でやる」とお母さんの望む返事でないときもあるでしょう。それでも親が決めるのではなく、子どもが自ら考えて答えを決めることが重要なのです。

子どもが自ら行動するのを待とう!お母さんの我慢が成功の鍵となる

3歳頃は親に手伝ってもらわなくても自分でできることが段々と増えてきます。これが自立への第一歩です。
「〇〇しなさい」と言われ続けた子は、指示待ち人間になってしまう傾向があります。お母さんは「〇〇しなさい」と言いたくなっても、ぐっと我慢して見守ってください。
子どもの自立には親子の信頼関係が重要。「自分でできた」という達成感と子どもを信じる愛情が子どもの自信に繋がります。
我が子を信じ自ら行動できるよう温かく見守ってあげましょう。

今日の1日1成長

「〇〇しよう」で動かなければ「いつする?」で自ら行動するのを待とう
子どもの行動力も1成長、お母さんの見守る力も1成長。
杉岡由香(文)わたなべみゆき(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]

SPECIAL!