出典:@akari_3131さん

Beauty

セザンヌ優秀すぎるハイライトの使い方!売り切れ続出も納得です。

プチプラで若い女性を中心に人気の『CEZANNE(セザンヌ)』。お値段以上のクオリティのアイテムがそろうため、最近では、大人の女性からも注目を集めています。今回は、そんなセザンヌのアイテムから、ハイライトをピックアップ!毎日メイクのに取り入れたい、セザンヌのコスパ高すぎハイライトについてまとめました。

まずは基本の入れ方について見ていきましょう!
 

■ハイライトの基本の入れ方とは?

ハイライトは、「チャレンジしたいけれどどう入れたらいいのか分からない」という人が意外と多いようです。基本の使い方についておさらいしていきましょう。
 

・ハイライトの上手な入れ方とポイント

出典:mamagirlLABO@t_h_h_tさん

ハイライトを入れる場所は、おでこ・鼻のつけ根・鼻の先・頬骨の上が一般的です。

ファンデーションをつけた後の肌に優しくのせていきましょう。
おでこや鼻筋を高く見せたいときには優しくふんわりと縦に細くいれると◎。頬骨の高い部分には、アイシャドウブラシなどの平筆を使っていれるのがおすすめです。
目の下から頬骨の高い部分に入れると、目元も明るくなりツヤ感もアップ!立体感も出てより魅力的なメイクが楽しめますよ。
 

・NGな入れ方とは?

ハイライトは、誤った場所に入れてしまうと、膨張して見えてしまったり、化粧が濃いだけに見えてしまう可能性も。特に、広い範囲に広げてしまうと、逆にのっぺりとしてしまいます。
頬全体に乗せたりするのはトゥーマッチ。それにフェイスライン全体に塗ってしまうと顔が膨張して見えますよ。
あくまでもメイクの仕上げのアクセントとして使いましょう。

 

■セザンヌハイライト:簡単に使えるハイライトスティック

チャレンジしやすいスティックタイプのハイライトについてご紹介します。
 

・商品概要

出典:@cecil0930_inoueさん

「ハイライトスティック」600円(税抜)は、ハイライト初心者でも使いやすいスティックタイプのハイライトです。
「01 パール入りホワイト」は自然なツヤが毛穴を目立ちにくくし、明るい肌へと導いてくれますよ♡カラー違いでは、シェーディング効果もあり小顔効果が期待できるものも。
ヒアルロン酸や保湿オイルを配合しているため、滑らかに肌にのせることができます。肌に密着して落ちにくい処方となっているのもうれしいポイントです。

 

・使い方は?

出典:@cecil0930_inoue さん

セザンヌの公式HPでは、特に目の下やあご先・Tゾーンに入れるのがおすすめとのこと。
スティックを2mm程度出して、直接肌に塗っていきます。塗った後に指やパフでなじませることで、よりナチュラルなメイクに仕上がるそうです。
Tゾーンに入れれば鼻高なメイクに。シェーディングカラーと使い分ければ、より立体的なメイクが叶いますよ。

 

■セザンヌハイライト:定番!パールグロウハイライト

セザンヌのハイライトの中でも、定番人気の商品といえば、「パールグロウハイライト」。大人女子も納得の高コスパなアイテムと話題のパールグロウハイライトについてみていきましょう。
 

・商品概要

出典:@yumi_cosmeさん

細かいパール粒子が入っているパールグロウハイライトは、600円(税抜)という価格ながらも上品なツヤ肌メイクが楽しめる大ヒットアイテムです。
肌が発光しているようなツヤ肌を叶え、大人にぴったりな品格メイクに仕上がります。

 

出典:@maminionn2さん

カラーラインアップは、「01シャンパンベージュ」「02ロゼベージュ」「03オーロラミント」の3色。
ハイライトとしてだけでなく、アイシャドウベースやお直し用パウダーにもおすすめだそうですよ。特に02ロゼベージュは、イエベ肌にピッタリなカラーなんだとか。
 

・使い方は?

出典:@akari_3131さん

顔を立体的に見せたいときには、Tゾーンやあご先に、顔を明るく華やかに見せたいときには、目の下を中心にのせていきましょう。
パールがたくさん入っているため、目の横のCゾーンに入れると明るくツヤっぽいメイクに仕上がるそう。明るさを出したい場所を中心に塗布するのが基本です。

■シンプルで使いやすい!フェースコントロールカラー

シンプルな「フェースコントロールカラー」は年齢問わず使えるシンプルなアイテムです。ラインアップと使い方についてまとめました。
 

・商品概要

フェースコントロールカラーは、シンプルなワンカラーのパレットで、簡単に立体感のあるメイクが楽しめます。
カラーのラインナップはハイライト用の「ホワイト」と「パール入りホワイト」、「パール入りピンク」の3色と、シェーディング用の「マットブラウン」。
ハイライト用はどれも派手すぎないツヤめきで、大人でも手にしやすいアイテムです。
価格は400円(税抜)です。
 

・使い方は?

使い方は基本のハイライトの入れ方でOK。
おでこや鼻先・顎など顔の高い部分にぽんぽんとのせていきます。
より立体的な顔を目指したいときには、シェーディング用のマットブラウンを併用するとGOOD!顔の形の悩みを補正しつつ、立体的なメイクが叶います。

 

■セットで便利!ノーズシャドウ ハイライト

鼻を中心にハイライトメイクを試したいという方にぴったりなのが、「ノーズシャドウハイライト」です。
 

・商品概要

ノーズシャドウハイライトは、ひとつのパレットにハイライトとノーズシャドウカラー2色がセットになったアイテムです。こちらは1種類のカラー展開で、ハイライト部分はパール入りのホワイトのため上品さのあるハイライトカラーとなっています。
一方、ノーズシャドウ部分は、自然な陰影が演出できるブラウンカラーです。
価格は580円(税抜)。
ミニブラシとチップがついており、初めてでも使いやすいアイテムとなっています。
 

・使い方は?

ハイライト部分は、通常のハイライトと同じように、鼻のつけ根や鼻先に使えます。また、頬骨の上など別の部分でのハイライトとして使うのもOKです。
シャドウ部分は、眉下や鼻筋部分に薄くのせます。鼻筋をくっきりと通らせたい!という方に特におすすめのアイテムです。

 

■ハイライトを始めるならセザンヌで!

出典:@akari_3131さん

プチプラなセザンヌのハイライトシリーズは、今まであまりハイライトを使ったことがないという女性でも、気軽に使えるおすすめのアイテムです。同じプチプラの『CANMAKE(キャンメイク)』など、さまざまな化粧品ブランドからもハイライトが販売されていますよ。ぜひチェックされて下さいね。

Sarry

1・3・5歳の3人兄妹のママ。趣味はネットサーフィンです。育児に家事に日々格闘中!
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]

SPECIAL!