出典:筆者撮影

Lifestyle

実はおいしい!きゅうり炒めのレシピ9選☆食材の組み合わせを豊富にご紹介

きゅうりは夏が旬の野菜ですが、季節を問わず手に入りやすい食材ですよね。生で食べることが多いきゅうりは、サラダや漬物、酢の物などに使う人が多いのではないでしょうか。中華料理では、きゅうりを加熱調理したメニューが数多くあり、おいしく食べられて栄養も取れます。炒めることによって、水分が生のときよりも抜けるので、お弁当の隙間埋めにも最適!ぜひ参考にして作ってみてくださいね。

加熱するとまずいのでは…と思われる方もいらっしゃると思います。今回は、炒めておいしいきゅうりのレシピの中でも人気なものをご紹介します。まずはきゅうりの栄養素と、炒めた場合に栄養素が変化するのかどうかを見てみましょう。
 

■きゅうりを炒めたら栄養素はどう変化する?

出典:photoAC

きゅうりは90%以上が水分で、最も熱量が低い果実としてギネス世界記録に登録されています。
主な栄養素は、カリウム、ビタミンK、ビタミンC、食物繊維です。

では、炒めるなどの加熱調理をした場合の栄養はどうなるのでしょうか。
加熱をするとベータ・カロテンの成分を体に吸収しやすくなり、そのベータ・カロテンは体内でビタミンAに変わります。ビタミンAは目や肌の健康を維持し、免疫力を正常にする作用があります。
また、きゅうりにはビタミンCを破壊する酵素「アスコルビナーゼ」が含まれており、炒めるなどの加熱調理や、酢を使った調味液で和えると、アスコルビナーゼの活性を抑えることができますよ。

 

■豚肉×きゅうり☆オイスターで味つけ簡単レシピ

出典:筆者撮影

<材料>4人分
・豚こま切れ肉:150g
・きゅうり:2本
・しめじ:1パック
・オイスターソース:大さじ2
・しょうゆ:小さじ1
・さとう:小さじ1
・しょうがのすりおろし:小さじ1

<作り方>
1、きゅうりは4等分に切り、すりこ木などでたたく。しめじは、小房に分ける。
2、ボウルにオイスターソース、しょうゆ、さとう、しょうがのすりおろしを混ぜ合わせて合わせ調味料を作る。
3、フライパンに油を熱し、豚肉を炒めて、きゅうりとしめじを加えて炒める。
4、合わせ調味料を加えて、さっと炒め合わせて完成。

 

■鶏胸肉×きゅうり☆ガーリックの香りが食欲をそそるスタミナ炒め

出典:筆者撮影

<材料>2人分
・きゅうり:2本
・鶏胸肉:300g
・塩:小さじ1
・酒:大さじ1
・片栗粉:大さじ1
・鶏だし(粉末):小さじ1
・鷹の爪:1個
・ごま油:大さじ2
・糸がらし:適量

<作り方>
1.きゅうりをすりこ木などで、食べやすい大きさになるようにたたき、塩を入れてまぶす。鷹の爪は、種を取り出して薄く輪切りにする。
2.鶏胸肉をひとくちサイズの削ぎ切りにしてボウルに入れ、日本酒を揉み込み片栗粉をまぶす。
3.フライパンにごま油をひき、鶏胸肉を並べて中火で焼く。焼きあがったら取り出しておく。
4.きゅうりを中火で炒め、火が通ったら鶏胸肉を入れ、鶏だし、あらびきガーリック、鷹の爪を入れて炒める。お好みで塩を入れて味を整える。
5.お皿に盛りつけて、糸がらしを添えて完成。

 

■ツナ×きゅうり☆苦手な人にもおすすめの炒めておいしい簡単レシピ

出典:筆者撮影



<材料>2人分
・きゅうり:1~2本
・ツナ缶:1缶
・ごま油:大さじ1
・しょうゆ:大さじ1
・マヨネーズ:大さじ2

<作り方>
1.きゅうりを食べやすい大きさに切る。
2.ごま油をフライパンで温め、きゅうりとツナを入れて炒める。
3.火が通ってきたら、マヨネーズとしょうゆを入れて完成。
※お好みで鷹の爪を入れるとピリ辛味になります。
 

■卵×きゅうり☆中華料理では定番のやみつきレシピ

出典:筆者撮影

<材料>2人分
・きゅうり:2本
・卵:2個
・しょうがのすりおろし:少々
・オイスターソース:小さじ1と1/2
・塩:ひとつまみ
・ごま油:小さじ1/2
・油:小さじ1/2
・鶏ガラスープの素:適量

<作り方>
1.きゅうりは縦半分に切り、ななめ5㎜幅に切る。塩、鶏ガラスープの素で下味をつける。卵は割りほぐして、ごま油と塩で下味をつける。
2.フライパンに油を熱し、卵を半熟の状態に炒めて取り出す。
3.フライパンに油をひき、しょうがのすりおろしを入れ、香りが立ってきたらきゅうりを入れて中火で炒める。
※跳ねるのでご注意ください。
4.きゅうりがしんなりしてきたら、オイスターソースを入れて味つけをし、卵を戻して炒め合わせたら完成。
※お好みで、ラー油をかけてもおいしいです。

 

■大根×きゅうり☆パリパリ食感にピリッと辛さがたまらないレシピ

出典:筆者撮影

<材料>2人分
・きゅうり:1/2本
・豚うす切り肉:50g
・大根:輪切り5㎝くらい
・鶏ガラスープの素:小さじ1/2
・酒:大さじ1
・しょうゆ:小さじ1
・豆板醤:適量

<作り方>
1.きゅうりは縦に6等分に切り、大根は2~3㎜の厚さの短冊切りにする。
2.酒、しょうゆ、豆板醤を混ぜ合わせて合わせ調味料を作る。
3.フライパンにごま油をひいて豚肉を炒め、鶏ガラスープの素を入れて、色が変わってきたら大根、きゅうりを加えて炒め合わせる。
※さっと炒めると、シャキシャキ感を残せます。
4.合わせ調味料を加えて、強火で炒め合わせたら完成。

 

■食材はきゅうりだけ☆中華風に酢炒めした簡単レシピ

出典:筆者撮影

<材料>4人分
・きゅうり:4本
・ごま油:大さじ1
・酢:大さじ3
・さとう:大さじ3
・塩:適量

<作り方>
1.きゅうりを食べやすい大きさに切る。
2.フライパンにごま油をひき、きゅうりを中火で3分炒める。
3.酢、さとう、塩を入れて1分炒めて完成。
※千切りしょうがを入れてもおいしいです。

 

■しょうが×きゅうり☆おつまみや、あと一品にさっと作れるレシピ

出典:筆者撮影

<材料>
・きゅうり:2本
・ごま油:小さじ1
・しょうがのすりおろし:大さじ1
・白だし(濃縮):大さじ1
・みりん:小さじ1
・こしょう:少々

<作り方>
1.きゅうりは縦4等分にし、3cmくらいの長さに切る。
2.フライパンを弱火で熱し、ごま油としょうがを入れて炒める。きゅうりを加えて中火で炒め、全体に油が回ったら白だし、みりん、こしょうを加えてさっと炒め合わせて完成。

 

■きゅうりの炒め漬物☆ひと手間加えたおつまみにも最適な簡単レシピ

出典:筆者撮影

<材料>
・きゅうり:2本
・鷹の爪:1本
・ごま油:小さじ1
・さとう:大さじ1
・酢:大さじ2
・しょうゆ:大さじ1

<作り方>
1.きゅうりを4等分にし、食べやすい長さに切って中の種を取り除く。鷹の爪は、種を取り出して薄く輪切りにする。
2.フライパンにごま油と鷹の爪を入れて火にかけ、きゅうりを炒める。
3.少し火が通り、緑が鮮やかになったら、さとう、酢、しょうゆを加えて炒める。
4.火を止めて、しばらくそのまま調味液に漬けて完成。

 

■サバ缶×きゅうり☆味つきがうれしい、時間がないときもさっと作れる時短

出典:筆者撮影

<材料>
・きゅうり:3本
・味つきサバ缶:1缶
・塩:適量
・しょうがのすりおろし:適量
・さとう:適量

<作り方>
1.きゅうりは乱切りにして、塩でかるく揉む。
2.きゅうりから水分が出たらかるく水気をきる。
3.フライパンにごま油をひき、きゅうりにごま油がなじむくらいまで炒める。
4.味つきサバ缶を汁ごと加えて炒める。※身を大きめにほぐしながら炒める。
5.全体がなじんだら、しょうがのすりおろしを加えて完成。
※味をみてさとうを足しても良いです。

 

■きゅうりは炒めてもおいしく栄養も取れる☆アレンジがきく食材

きゅうりを加熱調理することによって、ビタミンAの効果が高まったり、一方でビタミンCを壊してしまう作用を弱めたりすることができます。
しかも食材の組み合わせを気にせずに作れて、どんな料理にも取り入れやすいなど、うれしいことがたくさんありますね。
いつもは生で食べているという方も、加熱調理をしたことがある方も、きゅうりの炒め料理はまだまだたくさんあるので、今回ご紹介したレシピも参考にぜひ作ってみてくださいね。
 

mi-i

パン作り、パンを食べること、パン屋巡りが大好きです♡
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]

SPECIAL!