出典:筆者撮影

Lifestyle

実はおいしい!きゅうり炒めのレシピ9選☆食材の組み合わせを豊富にご紹介

きゅうりは夏が旬の野菜ですが、季節を問わず手に入りやすい食材ですよね。生で食べることが多いきゅうりは、サラダや漬物、酢の物などに使う人が多いのではないでしょうか。中華料理では、きゅうりを加熱調理したメニューが数多くあり、おいしく食べられて栄養も取れます。炒めることによって、水分が生のときよりも抜けるので、お弁当の隙間埋めにも最適!ぜひ参考にして作ってみてくださいね。

加熱するとまずいのでは…と思われる方もいらっしゃると思います。今回は、炒めておいしいきゅうりのレシピの中でも人気なものをご紹介します。まずはきゅうりの栄養素と、炒めた場合に栄養素が変化するのかどうかを見てみましょう。
 

■きゅうりを炒めたら栄養素はどう変化する?

出典:photoAC

きゅうりは90%以上が水分で、最も熱量が低い果実としてギネス世界記録に登録されています。
主な栄養素は、カリウム、ビタミンK、ビタミンC、食物繊維です。

では、炒めるなどの加熱調理をした場合の栄養はどうなるのでしょうか。
加熱をするとベータ・カロテンの成分を体に吸収しやすくなり、そのベータ・カロテンは体内でビタミンAに変わります。ビタミンAは目や肌の健康を維持し、免疫力を正常にする作用があります。
また、きゅうりにはビタミンCを破壊する酵素「アスコルビナーゼ」が含まれており、炒めるなどの加熱調理や、酢を使った調味液で和えると、アスコルビナーゼの活性を抑えることができますよ。

 

■豚肉×きゅうり☆オイスターで味つけ簡単レシピ

出典:筆者撮影

<材料>4人分
・豚こま切れ肉:150g
・きゅうり:2本
・しめじ:1パック
・オイスターソース:大さじ2
・しょうゆ:小さじ1
・さとう:小さじ1
・しょうがのすりおろし:小さじ1

<作り方>
1、きゅうりは4等分に切り、すりこ木などでたたく。しめじは、小房に分ける。
2、ボウルにオイスターソース、しょうゆ、さとう、しょうがのすりおろしを混ぜ合わせて合わせ調味料を作る。
3、フライパンに油を熱し、豚肉を炒めて、きゅうりとしめじを加えて炒める。
4、合わせ調味料を加えて、さっと炒め合わせて完成。

 

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]