Baby&Kids

子どもに何ができるかより“どんな状況でも頑張れるか”が貴重

vol.1424【1日1成長お母さん】できないことに挑戦する力があれば、どんなことも越えていく

小学校へ入学するまでに、何をどのくらいできるようになっていたらいい?

幼児期では何をどのくらいできていたらいいのだろう?と小学生に近づくほど、子どもの成長に関心を持つお母さんもいるでしょう。保育園や幼稚園を選ぶ時も、親の仕事の事情を考慮しながら子どもの成長を考えて探すものです。
乳幼児期は身体能力も大切ですが、小学校入学に向け“文字の読み書きができる”などの目に見えやすい能力以上に意識してほしいことがあります。
それは社会を生き抜く力と学ぶ力の土台がどれくらいできているかです。

小学校での学習をより高めていくために必要なのは、それまでの心の成長

とある小学校の先生に学校の様子を伺うことがありました。その時に印象に残ったのが、子どもたちの学校での生活や人間関係にとても細やかに気を使っているということでした。
幼児期に育てる思いやり、主体性や自信をつけた土台があってこそ、小学校での人間関係や生活習慣も平穏で授業も充実するのでしょう。
3~4歳くらいから人との関わりを通し身につける社会を生きぬく力。幼児期に意識してこそ能力を発揮できる小学校生活になるでしょう。

社会を生き抜く力は自立、我慢、思いやりを持って成長する喜びから生まれる

キッズコーチングで言われる“社会を生き抜く力”とは対人関係や交渉など社会に出てからも必要な力。具体的に言うと“自立心、我慢、思いやり、自信”です。
これを3歳から6歳の間にしっかり育ててあげることが大切です。学ぶ喜びを知っている子は学んだことを試そうとします。
試しながら進むためには、どうすればいいかと試行錯誤や努力をしていく。時には助けてもらい、時に譲歩しながら一緒にやる。やり遂げることで自信が生まれ、そのサイクルが社会を生き抜く力になります。

子どもが学んだことを試そうとする“学ぶ喜び”は学ぶ力から生まれます

そしてもう1つ意識してほしいのが学ぶ力です。学ぶ力は“好奇心、やる気、集中力”の3つの要素を持っています。
学ぶ力があれば何に対してもやる気を持ち、集中して能力を発揮するでしょう。どんな状況に置かれても頑張れる、社会を生き抜く力と合わせて0歳から6歳までの間にゆっくりと1つずつ育ててあげましょう。
乳幼児期に育てる能力は小学校そして社会に出ても有効です。このような視点を持って子どもの成長をサポートすれば小学校に入ってからも学習、生活の両面で安心して見守れる生活を送れるでしょう。

今日の1日1成長

小学生への土台づくりを幼児期に。子どもの“心の成長”に焦点を当て導こう
子どもの生きる力も1成長、お母さんの育てる力も1成長。
さわどあさみ(文)かわさきちか(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]

SPECIAL!