Baby&Kids

子どもの好きを見つけるコツは「ダメ」と言わずにやらせること

vol.1427【1日1成長お母さん】「楽しい」「できた」をたくさん経験することで好きが見つかる

将来好きなことを一生懸命やってほしいなら今の「やりたい」を止めない

親になれば子どもの成長は誰もが嬉しいものです。子どもは何かに熱中し、努力することで主体性、忍耐力、自信など将来役立つ非認知能力を高めることができます。
しかしそれは本人の気持ち次第。自分が「やりたい」「頑張りたい」と思うものしか続きませんし、なかなか成長には繋がらないものです。
「好きなことを一生懸命できる子になってほしい」「好きなことを見つけてほしい」と願うならば、子どもの「やりたい」と言ったことは止めずにやらせてあげることが大切です。

好奇心が鍵!“好き”は「やってみたい」「楽しい」「できた」の延長にある

3歳になるAちゃんはいつも「モップする」「洗濯物畳む」とお母さんの真似をしたがります。
ある日Aちゃんは「洗い物したい」とお母さんに言いました。お母さんは「びしょびしょになるからダメよ」と言いましたがAちゃんは「やる!」の一点張りです。
お母さんは渋々「じゃあ、丁寧にゆっくり洗ってね」とAちゃんが使っていたお皿とコップを渡しました。Aちゃんは丁寧に洗い、丁寧にゆすぎご機嫌です。
お母さんは「できたね!ありがとう。助かったわ」と言ってAちゃんを抱きしめました。

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE