Baby&Kids

子どもの好きを見つけるコツは「ダメ」と言わずにやらせること

vol.1427【1日1成長お母さん】「楽しい」「できた」をたくさん経験することで好きが見つかる

将来好きなことを一生懸命やってほしいなら今の「やりたい」を止めない

親になれば子どもの成長は誰もが嬉しいものです。子どもは何かに熱中し、努力することで主体性、忍耐力、自信など将来役立つ非認知能力を高めることができます。
しかしそれは本人の気持ち次第。自分が「やりたい」「頑張りたい」と思うものしか続きませんし、なかなか成長には繋がらないものです。
「好きなことを一生懸命できる子になってほしい」「好きなことを見つけてほしい」と願うならば、子どもの「やりたい」と言ったことは止めずにやらせてあげることが大切です。

好奇心が鍵!“好き”は「やってみたい」「楽しい」「できた」の延長にある

3歳になるAちゃんはいつも「モップする」「洗濯物畳む」とお母さんの真似をしたがります。
ある日Aちゃんは「洗い物したい」とお母さんに言いました。お母さんは「びしょびしょになるからダメよ」と言いましたがAちゃんは「やる!」の一点張りです。
お母さんは渋々「じゃあ、丁寧にゆっくり洗ってね」とAちゃんが使っていたお皿とコップを渡しました。Aちゃんは丁寧に洗い、丁寧にゆすぎご機嫌です。
お母さんは「できたね!ありがとう。助かったわ」と言ってAちゃんを抱きしめました。

子どもの「やりたい」と言ったことは「ダメ」と言わずにやらせてあげよう

それからAちゃんはお手伝いが大好きになりました。今ではレタスを手でちぎったりホットケーキを混ぜたりと前よりも積極的に「やりたい!お手伝い大好き」と言うようになったそうです。
子どもの「やりたい」は好奇心の表れです。やりたいことに挑戦し頑張ってできたことは本人にとって自信に繋がります。
子どもが「やりたい」と言い出した時は「ダメ」と止めてしまわず、できる範囲でできることからやらせてあげましょう。
 

子どもの成長を願うなら的確なアドバイスを言うだけにして後は見守ろう

始めから大人が望むようにできる子なんていません。「こうしなさい」「もっとこうよ」と闇雲に口出しをするとやる気を失うことも。
子どもは「ちゃんとして」など抽象的な言葉は理解が難しいのです。アドバイスは「こう持ってね」「よく見てね」など分かりやすく伝えましょう。
そして見守ることが大切です。失敗したらどうすればよいのかを教えてあげればいいのです。
失敗した時の対処法を知っていると何事にも挑戦できる子に育ち、自分の“好き”を自分で探せるようになります。
 

今日の1日1成長

好きを極める子になってほしいならやりたいことをたくさん体験させ見守ろう
子どもの行動力も1成長、お母さんの見守る力も1成長。
杉岡由香(文)むらたますみ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]

SPECIAL!