Baby&Kids

共感力の高い5歳の女の子には、行動を守らせるより考えさせよう

vol.1432【1日1成長お母さん】ルールを守るのが得意な子ほど、守ることに固執しないよう導こう

5歳からは自ら考え行動できる習慣がマナーとなる。対応力を引き出そう

子どもに決まりを守らせようとすると「~しようね」と1つ1つを言葉にして伝えていくことが多いと思います。
4歳を過ぎたころから先を予測する力が育ち始めるので決まりを守ることができるようになりますが、共感力の高まる5歳頃には少し言葉を替えてみましょう。
「電車の中では静かにしよう」「ごみはごみ箱に捨てよう」など1つ1つの行動を伝えるよりも「みんなが気持ちよく過ごすにはどうしたらいいかな?」と尋ねるのです。

しっかり者の女の子が、ルールや決まりを守れるのは共感力が高い証拠

5歳のMちゃん、幼稚園の先生に「体操のある日は体操服を着てこようね」と言われ火曜と木曜に着ていきます。
自分でしっかり覚えていて準備できるMちゃんにお母さんも助かります。ところが木曜の体操が急に水曜に変わったため、その日の朝、うっかり体操服が間に合わない時がありました。
お母さんは代わりに動きやすい服を準備してあげましたが「体操服でなきゃダメ!」の一点張り。先生に伝えてあげるからと言っても気持ちが収まりません。

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

RECOMMEND

Ranking
[ 人気記事 ]