Baby&Kids

4歳頃から子どもの計画力を育てよう!子育てがとっても楽になる

vol.1443【1日1成長お母さん】指示を出さなくても準備が自分でできたら予測できる力がある証拠

4歳頃から身につく先を読む力を鍛えると、自分で行動できるようになる

子どもが自分でできることが増えたらうれしいですよね。
特に忙しい朝は1分が貴重ですし、働いている方にとっては夕方家に帰ってからの時間は寝るまでバタバタします。そのときに子どもが少しでもお母さんの手を煩わせることなく自分で考えて行動してくれるようになったらとても助かりますね。
そうなるには子どもが次に何をしたら良いかを予測しなければなりません。
それは4歳頃からできてくるのです。先を読む力はこの頃に発達してくるからです。

お世話を焼きすぎず任せてみると、子どもは自分で考えられるようになる

先を読む力が身につくと、次の日の準備を前の日にできるようにもなります。
子どもが自分で自分のことができるようになるのは、自立するために必要なことですよね。そして、自分で考えて行動することが身についていると、大人になっても指示待ち人間ではなく、自ら動くことができるのでとても大切な力です。
子どもが考える前にお母さんが指示を出し続けると、子どもは自分で考えないようになってしまいます。あまり口出しせず、子どもの力を信じて任せてみると良いでしょう。

「○○してね」を「何するんだった?」に変えると先を読む力が身につく

4歳のAちゃんは、保育園から6時頃に帰宅します。帰宅後は時間との戦いです。
お母さんは毎日お風呂のお湯のスイッチを押すと同時に「お風呂の準備してね」と声をかけます。ある時「お風呂のスイッチ押したら何するんだっけ?」と聞くと「パジャマの準備をする!」と答えたAちゃん。
「よく分かったね」と伝えるとAちゃんもニコニコ。こんなやり取りを数日繰り返すと、Aちゃんはお母さんが声をかけなくてもスイッチを押すのを見たら、準備ができるようになったそうです。

自分で考えて行動ができたら「自分で考えてできたね」と認めてあげよう

4歳は目標を立て、計画して実行する能力“予測能”が発達するので、自分で決めて行動することができるようになります。
子どもに行動を促したいときは「次はどうしたらいい?」「食べたものはどうするんだっけ?」などの行動を思い出す言葉がけをしてあげると良いでしょう。
このとき子どもが自分で考えて行動できたら「お母さんが言わなくてもできたね」と認めてあげる言葉をかけてあげましょう。子どもの達成感につながり自信になります。

今日の1日1成長

子どもに行動を促したいときは「次はどうするんだっけ?」と言葉をかけよう
子どもの予測する力も1成長、お母さんの見守る力も1成長。
きただゆみ(文)田中京子(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]

SPECIAL!