Baby&Kids

頑張り屋さんには「頑張ってるね」というメッセージを伝えよう

vol.1445【1日1成長お母さん】自分で努力する力のある子に必要なのは、見守り過程を認めること

子どもの力を信じ見守ることも必要。いつも認めることで頑張る活力になる

子育てをしていると子どもを応援したいという親心からつい「頑張ってね」という言葉をかけたくなります。でも子どもの中には「頑張って」と言わなくても自分で努力できる子もいます。そんな子にはあえて「頑張って」とは言わず見守りましょう。
「いつも頑張っているね。お母さんは見ているよ」と伝えます。“お母さんが自分のことを見てくれている”“どんな僕も認めてくれる”という安心感を感じることで喜びを感じ頑張る活力となるものです。

努力家な反面、完璧主義な我が子に何と声をかけていいのかわからなくなる

6歳のRくんはできないことがあると陰でものすごく努力する頑張り屋さん。努力家なところはいいのですが、お母さんには困っていることがありました。それは完璧主義なところ。
最近は字を書くのが好きなRくんですが、思ったように書けないときには癇癪を起こし鉛筆を投げたりしてしまうこともありました。
お母さんから見るととても上手にかけているのに怒っているRくんの姿に、お母さんはどうしたらいいか分かりませんでした。

「頑張っているね」という言葉でいつもの頑張りを認め、過程を認めよう

Rくんのようなタイプはできることが多いがゆえ、できないことにぶつかるとそんな自分が許せないと感じてしまうのです。陰で頑張るのも、できない自分が許せないため。できることが多いわりには自己評価が低いのです。
Rくんにはできた、できないといった結果の評価ではなく、頑張った過程を認めるようにしましょう。「頑張ってるね」と伝えるのがいいでしょう。
今のままでも十分頑張っているという認識を持たせることが大切です。

時には癇癪を起こしてもいい。普段頑張っているからこそ疲れる日もある

頑張り屋タイプの子は言われなくても、普段から頑張ってしまいがち。無意識のうちにお母さんの期待に応えようと行動します。
できる姿を多く見るのは子どもが日々頑張っているからこそ。時には疲れて、癇癪を起こしてしまう日もあるでしょう。お母さんは今の子どもの姿を当たり前と思わず「あなたが大好きよ」と愛情を伝え続けましょう。
“失敗してもお母さんは自分を嫌いにならない”という安心感を持つと、失敗を恐れずチャレンジする強さを身につけるでしょう。

今日の1日1成長

頑張る我が子には今のままでも十分頑張っていると伝え安心感を与えよう
子どもの自己承認力も1成長、お母さんの抱擁力も1成長。
みきいくみ(文)むらたますみ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]

SPECIAL!