Baby&Kids

忙しいお母さんへ伝授。子どもへのおすすめの愛情の伝え方

vol.1458【1日1成長お母さん】子どもの行動を実況中継するとお母さんの「見ているよ」が伝わる

お母さんの忙しさに関係なく、子どもは「見てほしい!」をアピール

3人、4人のお子さんを育てているお母さんや、働いているお母さん、年子の小さい子の育児に毎日一生懸命なお母さん。お母さんは育児と家事と仕事を同時にこなしています。
そんなお母さんの忙しさにはお構いなく、子どもは愛情を確かめるように駄々をこねて怒ったり、泣いたりと子どもは自分を見てほしい気持ちをアピールします。
忙しい日々の中で “お母さんは自分を見てくれている”と子どもに感じさせる方法があります。

子どもは繊細、お母さんのアンテナを敏感にして子どもの心を察知しよう

3歳のAちゃんは、3人兄弟の真ん中。3歳だけれどしっかり者のAちゃんはお着替えも一人ででき、0歳の弟の面倒も見てくれます。
お母さんは、日々気をつけていることがあります。それは「お母さん、見て」と言われたら、手を止めて見ることです。
Aちゃんはハサミやのりを使って何かを作るのが大好き。決まって「お母さん、見て」と見せてくれるので「カラフルだね、今日は何を作ったの?」などと会話をしている時のAちゃんはとても嬉しそうなのだそうです。

子どもの変化を言葉で伝えよう。子どもは見てもらえていると安心する

ちょっとした子どもの変化を口にして伝えることで、子どもは“お母さんは自分を見てくれている”と感じます。例えば「ズボンが汚れているね」「髪の毛がはねているよ」など、変化を見つけて言葉にして伝えるだけで良いのです。
また、遊び感覚で子どもの行動を実況中継するのも良いですね。「今、顔を触りました」「目をこすっています」「手をテーブルに置きました」と言った具合です。
子どもは、お母さんに見てもらえていると感じて安心できます。

子どもが安心する7秒ハグをしながら「大好きよ」と毎日伝えよう

お母さんは子どもに対する愛情は平等にしているつもりでも、子どもからすると自分より兄弟の方がお母さんの愛情を多くもらっているように感じてしまうことがあります。
そのような時は“7秒ハグ”がおすすめ。子どもを抱きしめながら「あなたが良い子でも悪い子でも大好きよ」と伝えてあげましょう。
7秒経つと愛情ホルモンが分泌され、子どもが安心する効果があります。7秒ハグを毎日行うと、自分を丸ごと愛してくれていると子どもは感じるようになるでしょう。

今日の1日1成長

忙しい時こそ、7秒ハグでお母さんの愛情を子どもに届け安心をあげよう
子どもの頑張る力も1成長、お母さんの愛情表現力も1成長。
きただゆみ(文)かわさきちか(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/
 

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]

SPECIAL!