出典:mamagirlLABO@__miki__oさん

Baby&Kids

4歳の自転車デビューに特別な一台を!適正サイズやおすすめブランドは?

我が子が4歳になると、「そろそろちゃんとした自転車を買ってあげようかな」と検討するパパママは多いですよね。子どもの行動範囲を広げる第一歩となる自転車は実用面、安全面も徹底してこだわりたいもの。しかし、いざ自転車を購入しよう!と思っても、種類もメーカーもさまざまでどこで何を買えばいいのか迷ってしまうことも。今回は、そんな4歳さんにぴったりの自転車の選び方やおすすめをご紹介。


子どもにぴったりの自転車探しをするには、まずは体格に合ったサイズ選びを知ることが重要!早速、4歳に適正な自転車の基本サイズについてチェックしていきましょう。

■4歳におすすめの自転車サイズは何インチ?

出典:@ xokaorixoさん


自転車のサイズは「インチ数」で規格が決まっています。正確には、自転車のタイヤの大きさ(ホイールの大きさ)にインチという単位が当てはめられているんです。数字が大きいほどにタイヤもフレームも大きくなっていくため、成長に合わせてインチ数も上がっていくというわけですね。
一般的には4歳から6歳前後の身長98〜119cmの子どもには「16インチ」の自転車が適正とされていますが、体格には個人差があります。
身長の小さな子なら小さめのインチ数、大きな子なら大きめのインチ数で試乗していきましょう。サドルに座ったときしっかり足がつくか、ハンドルは正しい姿勢で握れているかをチェックしてください。まずは14、16、18インチの自転車で試乗させてみてしっくりくるものがおすすめです。

■4歳の自転車の選び方のポイント

出典:mamagirlLABO@ __miki__oさん

ここでは4歳の自転車を選ぶときに抑えておきたいポイントをご紹介します。

・ジャストサイズで軽いものを選ぶ

4歳はまだまだこれから成長する時期。あっという間に大きくなるのだから、自転車も少し大きめが良いのでは?と思う親御さんも多いかもしれません。しかし、まずは初めての自転車を怖がらないようになることが大切です。足がしっかりと地面につくジャストサイズで、軽量タイプをえらんであげることが自転車を好きになるための第一歩になるでしょう。

・鍵やライトなどのオプションがつけられるか

鍵やライトなどのオプションは、乗り始めのころはまだ必要ないかもしれません。しかし4歳で自転車を購入して最低でも1年から2年以上乗ることを考えると、小学校入学前後まで使用することになります。成長に従って使い勝手をアップデートするために、のちのち必要になりそうなオプションが対応しているかあらかじめチェックしておきましょう。

・安全に乗れるかどうかを重視

子どもの自転車は安全性も重視したいもの。自転車の安全基準を知るためには、「一般社団法人自転車協会」が制定した自転車安全基準のマーク「BAAマーク」がついているかを確認しましょう。また、ブレーキの握りに支障がないかも要チェック。

・デザインは子どもの好みも反映して

4歳は意思の疎通や会話もできて、自分の好みがはっきりわかる子も多くなる時期。お気に入りの自転車をプレゼントしてあげれば、毎日のお出かけもグッと楽しくなるはず。
親の独断で決めてしまうよりも、好きな色やキャラクターの有無などのデザイン面を子どもと相談の上で決めるのも良いでしょう。

■4歳におすすめの自転車6選


ここからは4歳さんにおすすめの自転車をご紹介!インスタで人気のアイテムから、安全性やコスパで大満足のアイテムまで、人気の子ども自転車を集めました。

・ブリヂストン

出典:mamagirlLABO@ __hochi__mさん


『BRIDGESTONE(ブリヂストン)』の子ども自転車「HACCHI(ハッチ)」は、機能面もデザイン面もお墨つきの自転車です。外国の子どもが乗っていそうなナチュラルカラーのデザイン、安心と信頼のジャパンブランドが人気の理由。ラタン風のカゴもとってもかわいいですよね。こちらはサイズは16インチと18インチの2サイズ展開です。

・ルイガノ

『LOUIS GARNEAU(ルイガノ)』はカナダ発の自転車ブランド。海外ブランドならではのスタイリッシュさと、アルミフレーム採用の軽量でシンプルなフレームが人気です。補助輪が標準装備のモデルもあるため、4歳からの本格的な自転車デビューにぴったり。自転車専門店の「サイクルベースあさひ」で取り扱いがあるため、手に入れやすさも◎。

・People

出典:@nana__28l8さん


『People(ピープル)』の「いきなり自転車」は、2歳から6歳までのロングユースを可能にした設計の自転車。かじとり式押し手棒が標準でついており、まだ自分でコントロールができない子どもの運転でも安心してつき添えます。4歳でも体格が小柄な子や、自転車に不安がある子には調整が細かく行えるのでおすすめです。

・little tokyobike

出典:mamagirlLABO@__itk.shokudo__さん


インスタでおしゃれなママに大人気なのが『Tokyobike(トーキョーバイク)』のキッズモデル、「little tokyobike」。大人顔負けのシンプルでかわいいデザイン性に思わずきゅんとしてしまいます。やや太めのタイヤは安定感があり、細めグリップで乗りやすさも抜群。補助輪が標準装備&大人の持ちやすさも考えられており、細かな配慮が光るキッズバイクです。

・へんしんバイク

出典:@kinako_710さん


「へんしんバイク」は子どもがスムーズに自転車を乗れるようになるためのステップを一台に集約したオールインワンバイク。最初は足蹴りタイプでブレーキをかける感覚を養います。次はペダルを取りつけて足漕ぎタイプに。なんと30分で自転車を漕げるようになるとの報告も。安全基準もしっかり認定されており、大人も子どもも大満足の製品です。

・ハローバイク

4歳になったら、近年人気の高い子ども用BMXに挑戦するのもおすすめ。本場アメリカの老舗ブランド『HARO BIKES(ハローバイクス)』の「SHREDDER 16(シュレッダー16)」は品質も大人向けに劣らないクオリティ。ランバイクということでかっこいいイメージもありますが、ピンクなどの優しいカラーもありますよ。

■4歳の自転車はどこで買う?

出典:@ chelucy921さん


4歳の子どもに自転車を買いたい!と思ったとき、製品にこだわることももちろん大切ですが、どこで購入するかということも重要なんです。
「トイザらス」や「イオン」は自社ブランドのオリジナル子ども自転車を展開しており、実店舗で試乗してから購入することができます。また、有名キャラクターとのコラボ自転車も豊富にそろうのが魅力です。
保証がしっかりしていて欲しい!という場合には、あさひをはじめとする自転車専門店もおすすめ。プロの目線でしっかりとしたアフターサービスを受けられるので、安心感が違います。
家でじっくりと多数のモデルを比較したいなら、「楽天市場」や「Amazon(アマゾン)」をはじめとする通販サイトでも子ども自転車は数多く販売されています。実店舗よりも割安に購入できるケースが多く、ポイントも活用すれば非常にお得に手に入るかもしれません。

■自転車が上手に乗れるようになる練習のコツは?

出典:@mee43iamさん


4歳さんにぴったりの自転車が見つかったら、ゆくゆくは一人で乗れるよう練習ステップも考えておきたいですよね。
自転車にスムーズに乗るためには、まず足蹴りで前に進めるようバランス感覚を養うこと。次にブレーキで自在に止まる感覚、ハンドルを切って曲がる感覚を覚えましょう。慣れて足を地面から離した状態で5秒以上進めるようになったら、ゆるい下り坂でペダルを漕ぐ練習をします。
ほとんど転ばずに乗れるようになったら、コーンなどの目印をよけて走る練習、線のところできちんと止まる練習など、公道を走るための特訓を。
自転車成功のコツは、視線を前に向かせること、親が手本を見せること、恐怖心やプレッシャーを取りのぞくことです。子どものやる気を上手に引き出しつつ、根気良く見守りましょう。

■4歳の自転車は乗りやすさ重視で、お気に入りの一台を選ぼう


初めての自転車はドキドキわくわくするもの。デザイン性やコストパフォーマンスも気になりますが、なにより子どもが楽しく安全に乗れる一台を選んであげることが最も重要です。また、アフターメンテナンスのしやすさやオプションパーツの充実など、長い目で見た使いやすさもロングユースの一助となります。
いつか自分の力だけで遠出するための第一歩として、日々の成長に寄り添ってあげられる自転車を探してみてくださいね。

musubi

車と音楽を愛する2歳男子を育児中。アート鑑賞が趣味で、観たい展示の為なら国内どこにでも飛んでいきます!いかにストレスフリーで過ごせるかが人生のテーマ。
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]

SPECIAL!