出典:ブロックのおもちゃで子どもたちの創造力を育ててみよう@ eatoooniさん

Baby&Kids

知育でわが子を伸ばすには?年齢別のおすすめおもちゃとアプリをご紹介


子育てをしているとよく耳にする言葉「知育」。賢い子や感性の豊かな子になって欲しい!と願うパパママにとっては気になるワードですが、そもそも知育とは教育とどう違うのでしょうか?今回は知育の意味や目的、おすすめの知育おもちゃやアプリなどについて詳しくご紹介します!


知育に良いおもちゃをおすすめしていく前に、まずは知育という言葉の意味を正しく理解するため、提唱者や意義についてなどの基本的な情報をチェックしていきましょう。

■知育とは?

出典:mamagirlLABO@__itk.shokudo__さん


「知育」とは、子どもの知能や知力を含む可能性を広げるために役立つ教育全般を指します。学習能力を伸ばすだけを目的としているわけではなく、バランス良く考える力や積極的に挑戦する力など、人生をより豊かに切り開いていくために必要と考えられる総合的な能力を伸ばすという考えです。本来、知育とは教育の基本である「三育」の一つです。
イギリスの学者ハーバート・スペンサーが提唱した、「知育」「徳育」「体育」の三つを三育と呼び、頭、心、体の3つの能力を伸ばしてこそ教育であるという理念に基づいています。子どもの知育を積極的に伸ばすことは、能力、才能、知能を引きだし、自ら考える力や頭の回転を強化することができると考えられています。

■知育を幼児期の子育てに取り入れるメリットは?

出典:ブロックのおもちゃで子どもたちの創造力を育ててみよう@ eatoooniさん

では、知育を行うことは子どもにとってどんなメリットをもたらすのでしょうか。ここでは知育が幼児期に与える影響について解説します。

・幼児の脳は柔軟でよく吸収する

子どもの脳は柔軟で、さまざまなことを吸収します。特に3歳までの時期は右脳が活発に働くため、刺激を受けるほどに記憶力や想像力を伸ばす可能性にあふれています。この3歳以下の時期に質の良い知育を与えることで、記憶、想像力だけでなく情緒も豊かに育ち、その後の人生で感情表現豊かな大人になると期待されるのです。

・IQは幼児期に良く伸びる

IQは学力とは違い、考える力そのものや記憶力などの知能を基準化した知能指数のことを指します。遺伝や元々持っている脳の素質にも左右される部分はありますが、吸収力の高い幼児期にしっかりと知育を行うことでその後のIQを大きく伸ばすこともできます。

■年齢別知育取り入れ方法

出典:@kinako_710さん


知育の大切さやメリットがわかったところで、具体的にはどのように育児に導入していけば良いのでしょうか。続いては年齢別の知育の取り入れ方のポイントについて解説していきましょう。

・0~1歳

0〜1歳の赤ちゃん期には、聴覚や視覚に働きかける知育が有効です。まだ難しい言葉やルールなどは理解できず、感覚で世界をとらえようとしている時期なので、聞いた音、見た物の色形などから敏感に情報を吸収していきます。育児する上では、積極的に語りかける、いないいないばぁをするなどの刺激を与えてあげてみてください。また、擬態語、擬音語の多い絵本の読み聞かせや、歌遊びもおすすめです。

・2~3歳

2〜3歳の時期には、聴覚や視覚だけでなく触覚も敏感に発達します。パズル、つみきなど、指先を使って脳を働かせる遊びが最適です。お箸やスプーンなど食事の練習をすること、はさみ、ねんど、折り紙などの簡単な工作も指先の訓練になるでしょう。

・4~6歳

4〜6歳は言語理解も進み、数字や文字などにも興味がわく時期です。数字を使ったパズルや、言葉の理解が深まるような遊びを通して知育をしていきましょう。例えばしりとりやなぞなぞなど思考力を高めるもの、ひらがなが書いてあるパズルなどの記憶力を高めるものもおすすめです。また、一定のルールや仕組みに沿って自由に世界を広げるブロックおもちゃやゲームなども創造力の向上を後押ししてくれます。
そのほか、知育菓子でトイレや回転寿司をモチーフにしたものなど、おやつタイムに楽しく生活について学ぶ、というのもちょっと成長したお兄ちゃんお姉ちゃん世代にはおすすめです。

■おすすめ知育玩具(0~1歳)


ここでは0〜1歳向けのおすすめ知育おもちゃをご紹介!

・Wooden Story ナチュラルスタッキングトイ

出典:@ayamama___さん


ポーランドの木製玩具メーカー『Wooden Story(ウドゥン・ストーリー)』の「ナチュラルスタッキングトイ」はシンプルで優しいビジュアルにほっこりする知育おもちゃ。肌当たりの良い木のスタッキングおもちゃで、さまざまな重ね方を楽しめます。

・頭のいい子を育てるプチ あかちゃんごおしゃべりリングカード おでかけ用

出典:@n.yu____miさん


「頭のいい子を育てるプチ あかちゃんごおしゃべりリングカード おでかけ用」はギフトとしても人気のおもちゃ。最新の研究データにより導き出された「赤ちゃんが早く言える言葉ランキングトップ50」をカードにしたものです。おでかけ先でも言葉の発達を楽しく促せますよ。

■おすすめ知育玩具(2~3歳)


ここでは2〜3歳向けのおすすめ知育おもちゃをご紹介!

・BOSCH ミニワークセンター

出典:@kinako_710さん


ドイツの電動工具メーカー『BOSCH(ボッシュ)』がデザインするおもちゃ「ミニワークセンター」。電動ドライバーやスパナなど、本格的な大工さんセットで大人の真似っこを楽しみながら指先や思考力の発達を促します。見た目にもおしゃれでワクワクしますよね。

・Pechat

出典:@chelucy921さん

「Pechat(ペチャット)」はお気に入りのぬいぐるみやお人形に取り付けるボタン型スピーカー。スマホアプリと連携して自由に言葉を発することができ、まるでおもちゃがおしゃべりしているかのよう。子どもは大好きなぬいぐるみとコミュニケーションをとることで優しい気持ちや言語能力を育てます。情緒面の発達におすすめのアイテムです。
 

■おすすめ知育玩具(4~6歳)


ここでは4〜6歳向けのおすすめ知育おもちゃをご紹介!

・ナンジャモンジャ

出典:@kinako_7101さん


「ナンジャモンジャ」は4歳から大人まで幅広い年齢層がいっしょに楽しめるカードゲームです。山札から一枚ずつカードを取り、初めて見たモンスターに名前をつける!というのがシンプルな基本ルール。瞬間の記憶力や発想力を頼りに数を競います。イラストもカラフルでかわいいので、家族全員で盛り上がること間違いなしですよ。

・レゴブースト

出典:レゴのプログラミングキットは自宅で学べる!子どもの創造力を伸ばそう@_____ericaaaaaさん


世界的知育玩具ブランド『LEGO(レゴ)』のいちおしは、プログラミングを学べる「レゴ®ブースト」。自分で組み立てたレゴを、アプリのプログラミングと連携して自由に動かせるというおもちゃです。対象年齢は7歳と小学生からですが、5、6歳で遊びこなしている子も多い人気のおもちゃですよ。

■おすすめ知育サービス&アプリ


ここではケータイやタブレットで楽しめる、無料のおすすめ知育サービス&アプリをご紹介。

・Google 動物AR

出典:@kinako_710さん


『Google(グーグル)』の無料機能、「動物AR」は動物が目の前にいるかのように遊べるARサービス。熊やサメなど、検索した動物がカメラを通して立体的に現れます。拡大して動物のつくりを学んだり、縮小させて手のひらに乗せたりと自由自在。動物好きな子どもの好奇心を室内にいながらにして育んでくれるサービスです。

・ごっこランド

『株式会社キッズスター』の知育アプリ「ごっこランド」は、全国350万のファミリーが利用するアプリ。大手企業と連携して、さまざまなお仕事ごっこや社会体験ごっこをいくつも体験する事ができます。お医者さん、警察官、お花屋さんなど、憧れの職業になりきれるミニゲームが盛りだくさん!子どもの社会に対する興味関心を健やかに伸ばしてくれる無料アプリとなっています。

■知育は子どもの人生の可能性を広げる!

知育の意義や年齢別の知育方法、おすすめおもちゃなどをご紹介しました。知育は、子どもの発達を健やかに伸ばすためにはぜひ取り入れたい考え方でしたね。そして知育を実践する上で重要なのは、「学ばせる」というイメージではなく「楽しんで伸ばす」という遊びのイメージ!子どもの能力や可能性をぐんぐん伸ばす良質な知育おもちゃ&アプリで、楽しく遊びながらたくさんの刺激を与えてみてくださいね。

musubi

車と音楽を愛する2歳男子を育児中。アート鑑賞が趣味で、観たい展示の為なら国内どこにでも飛んでいきます!いかにストレスフリーで過ごせるかが人生のテーマ。
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]

SPECIAL!