Baby&Kids

挨拶できる子に育てるには、ガミガミしつけるより見本を見せよう

vol.1484【1日1成長お母さん】お母さんが元気に挨拶する姿は子どもの記憶に刻まれているもの

モジモジして返事をしない我が子が心配。将来困らないようしつけたいもの

繊細で人見知りが激しく、新しい環境に馴染むのに時間がかかる子がいます。
赤ちゃんのときはお母さん以外の人が抱っこすると大泣きしたり、外に遊びに行ってもお母さんからベッタリ離れなかったりします。お話しできるようになってからでも人前ではモジモジし、自分の意見が言えない姿を見ると「こんなに弱くて大丈夫かしら」と心配するお母さんも多くいます。
でも大丈夫。今はモジモジしていてもいずれ自己主張できるようになります。それまで待ってあげましょう。

園生活にも慣れ自分らしさを発揮しているものの挨拶できないことが心配

保育園に通う4歳のAちゃんは控えめなタイプの女の子。保育園に通いだして4年目なので、クラスのお友だちと仲良く遊んだり園生活でもAちゃんらしさが出てきました。しかし挨拶はなかなかできずにいました。
先生が「おはよう!」と言うと先生の方を向きますが無言のままです。お友だちが挨拶したときはちゃんと答えているのに、先生や近所の顔なじみの人に対しては返事ができずにいます。
お母さんは何度か「おはようって言える?」と促してきましたが、いまだに挨拶できないAちゃんを心配していました。

挨拶が“できない”のではなく“やりたいけど勇気がない”だけなのです

控えめなタイプの子は些細なことでも傷つきやすく、とても繊細な心を持っています。
自分から声をかけても“返事をしてくれなかったらどうしよう”と不安な気持ちも持ち合わせています。そして“私のことがキライなのかな?”と悪い方へ物事を考えてしまう傾向が強いのです。
お母さんからすれば挨拶することは簡単でも、このタイプの子には勇気が必要なのです。挨拶ができないのではなく、やりたいけど勇気が出ないだけだと理解してあげましょう。

 

いずれ挨拶できるようになると信じて、今はお母さんが挨拶する姿を見せよう

挨拶はしっかりできる子に育ってほしいですよね。だからこそお母さんたちは「挨拶しなさい!」と子どもに伝えます。
ですが、Aちゃんのように勇気が必要な子もいるのです。そんな時はお母さんが子どものお手本になり、元気に挨拶して周りの方々を笑顔にしてあげる姿を見せ続けてあげましょう。
そんな姿を見て、子どもも大好きな先生やお友だちのお母さんには自分から「おはよう」と言えたりと少しずつ成長していきます。いずれできるようになると信じて、今は見守ってあげましょう。

今日の1日1成長

お母さんが元気に挨拶する姿を見せよう。笑顔で挨拶できる子が育つ
子どもの自己開示力も1成長、お母さんの見守る力も1成長。
吉田あき(文)かわさきちか(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]