Baby&Kids

園と家での姿が違う子は頑張り屋さん。今の姿を見て認めよう

vol.1490【1日1成長お母さん】“べき”を捨てて子どものありのままの変化を受け取り伝えよう

子育ては“こうあるべき”という呪縛にとらわれず子の変化を素直に受け取る

“お母さんはしっかりしなければいけない、子どもをちゃんと育てなければ“という責任を感じるお母さんもいるかもしれません。しかし責任感はときに“こうあるべき”という呪縛にかかることも。
お母さんのあるべき姿や〇歳はこうあるべきという考えは子どもの成長の妨げになることもあります。
子育てで必要なのは、今の我が子と目線を合わせ日々の子どもの姿を素直に受け取ること。“幼稚園でできるなら家でもできるはず”ではなく、家でできていることを認めましょう。

少食で食べてくれない我が子。でも幼稚園では食べるのはなぜだろう

5歳のAくんは家でのご飯のときに少食でお母さんは悩んでいました。「しっかり食べないと幼稚園でいっぱい遊べないよ」「食べないと大きくなれないよ」と声をかけるものの、食事の途中で「もうお腹いっぱい、ごちそうさま」とお皿を片付けてしまいます。
特に嫌いなものが出てきたときには、皿の外に野菜をはじきだすことも。こんな状態いつまで続くのかなとお母さんは不安に思っていました。
しかし驚くことに幼稚園ではしっかり食べていたのです。

家と園での姿と違うときは子どもが頑張っている証拠。認める言葉をかけよう

家と幼稚園の姿が違うことはよくあることです。先生やお友だちの前では子どもは無意識に頑張っているのです。
家では片付けしないのに園ではする、ご飯を園では食べるなどと家での姿と違うことがあるときには、実は幼稚園では“かなり”頑張っているのです。
家ではやらなくても、お母さんが普段から子どもに伝えている言葉を子どもはしっかり聞いていて、行動に移しているのでしょう。
そんな子どもの変化を見つけた時にはすかさず「頑張っているね」と伝えましょう。

人並みを目指さない育児。子どもの目線に合わせて頑張っている姿を認めよう

「座って食べて」「残さず食べて」と一喝するよりも、頷きながら目線を合わせて「頑張っているね」と子どもの頑張る過程を承認するほうが効果的。
子どもは人並みではなく、あなたはあなたでいいと常に認めてあげることが大事です。“こうすべき“よりも素直に「座って食べているね」「苦手なものも1個は食べたね」と子どもの姿を言葉で伝えましょう。
今の子どもの姿を認めることで、「いつもお母さんは見てくれている。もっと喜んでほしい」とモチベーションとなるでしょう。
 

今日の1日1成長

園と家でのギャップのある子は園での頑張りと家でできていることを認めよう
子どもの頑張りも1成長、お母さんの肯定力も1成長。
みきいくみ(文)わたなべみゆき(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]

SPECIAL!