Baby&Kids

自然の中で遊ぶと、子どもが積極的に考え創造力豊かになる

vol.1491【1日1成長お母さん】繰り返し考えて遊ぶくせを身に付けると探求心と集中力が伸びる

自然遊びは最高の遊び。いつの間にか考えて工夫できる子どもになる

公園は子どもが好きなスポットのひとつ。すべり台やブランコなど遊具で遊ぶのが好きな子どもも多いですね。
でも外遊びでは人工物でない、自然の中で遊ぶ“自然遊び”もおすすめです。
石を積み上げてタワーにしたり、木や葉を商品に見立ててお店屋さんをしたり。原っぱでバッタを追いかけたり、木登りをしたり。“自然遊び”をすると自分で遊びを創り出し工夫できるようになります。
遊びを繰り返し考えられるので、創造力や発想力が豊かな子に育ちます。

自然の中で繰り返し遊ぶことで、子どもの考える力がメキメキ上達する

自然の中で遊ぶと実験を繰り返す子どもも見られます。
「こうやって遊んだら楽しそう。次はこれもやってみようかな」「あれ、思ったのと違ったな。じゃあ次はこう変えてみよう」子どもは試行錯誤して自分で遊びを広げます。
遊具は遊び方の自由が少ないのに対して、自然の中では遊び方が無限大です。その中で子どもは遊びを創り出し、探求します。何度も繰り返しできるので子どもの考える力が養われます。
遊びを繰り返す中で、集中力も高まるという効果もあります。
 

1歳の子どもも自分から遊びを創り出し、工夫を重ねて学びを得られる

1歳のRくんは外遊びが大好き。両手をワイパーのようにして砂の感触を楽しんだり、木の根の上を歩いて砂とは違う感覚に目を輝かせたり、小さい丘を登り降りしたり。
最初は転びましたが、そのうちごつごつした根の上では膝を曲げて前かがみに、坂道を降りるときは後ろ体重にしてバランスを取るようになりました。
Rくんが工夫して身体を動かせる姿を見てお母さんは驚きました。色々な遊びを考え、長く遊べたことを褒めるとRくんもうれしそうでした。

いくつになっても自分の興味を広げていける。親子で自然の中で遊ぼう

子どもは遊びを考える天才です。遊具が何もない原っぱでも、楽しいことを見つけて遊びます。
自然遊びはその時々で興味があることを探求できるので、何歳になっても飽きずに遊べます。子どもが遊びに集中している時は、何に興味があるのかそっと見守りましょう。
子どもが遊んでいるとき、お母さんが「こうしてみたら」と新たな視点をアドバイスすると子どもがもっと遊び方を工夫します。
面白い発想が次々生まれるかもしれないですね。

今日の1日1成長

自然の中でたくさん遊ばせよう。自分で考え興味を深められる子どもが育つ
子どもの創造力も1成長、お母さんのサポート力も1成長。
どばしはるな(文)かわさきちか(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]

SPECIAL!