Baby&Kids

こだわりが強い子どもには言葉をそのまま繰り返してあげよう

vol.1493【1日1成長お母さん】オウム返しで子どもの気持ちに寄り添い、安心させてあげよう

子どものこだわりが強くて困っているお母さん必見!オウム返しの驚きの効果

子どものこだわりが強くて困っているお母さんは、私のしつけが悪かったのかしらと自分を責め、余計にしつけに力が入ってしまう方もいるでしょう。
しかし、こだわっていることを無理にやめさせるのは逆効果。よりヒートアップしてしまうものです。
そんな時は、子どもの気持ちに寄り添ってあげることが大切。子どもの言葉をそのまま繰り返してあげましょう。
子どもの気持ちを落ち着かせる効果があるのです。

周りからワガママと思われてもいい。我が子のありのままを受け止めよう

こだわりが強い子どもは頑固で自己主張も強いので、しばしばお母さんや先生を困らせることもあるでしょう。
周りからもワガママと思われがちでお母さんは人の目が気になり、人前で怒鳴ってしまうことも。繰り返してしまうと「僕はダメな子なんだ」と不安になり、ますます頑なになっていきます。
それを避けるためにも、我が子のありのままを受け止めましょう。子どもがいった言葉をそのままオウム返ししてみてください。
子どもの感情をそのまま受け止めることが大切です。

子どもの言葉を繰り返し、感情ごと受け止めると本音の部分が見えてくる

こだわりが強い子どもは「今日はこの靴じゃないと嫌だ」「今日は保育園に行きたくない」というように、その時に思った気持ちをどんどんぶつけてきます。
そんな時、お母さんは「わがまま言わないで保育園に行くわよ!」とお母さんの要求を先に言ってしまいがち。そうすると子どもは、より頑固になってしまいます。
「行きたくないのね」とオウム返ししてください。何度か繰り返すうちに、「だって○○だから」と本音の部分がポロっと出てくることもあります。

オウム返しを続けることで子どもは安心し、自然と人の話を聞けるようになる

子どもがネガティブな感情を出し続けるときは、不安なとき。突き放さずに子どもの言葉をそのままオウム返しにして、感情を受け止めてあげましょう。
「行きたくない」と言ったときは、「なんで行きたくないの」と言いたい気持ちをぐっと堪え、「行きたくないのね」とオウム返ししましょう。
時間がかかる時もありますが、ここが踏ん張りどころです。根気よく繰り返すうちに気持ちが落ちつき、自然と人の話も聞けるようになるでしょう。

今日の1日1成長

「行きたくない」には「行きたくないのね」とオウム返しで心を受け止めよう
子どもの表現力も1成長、お母さんの承認力も1成長。
新田みほ(文)わたなべみゆき(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]

SPECIAL!