Baby&Kids

好奇心や探求心のある子に育てるには、子どもの遊びを見守ろう

vol.1523【1日1成長お母さん】興味のあることを最後までやらせて自ら学ぶ力を育てよう

遊びに集中している子どもを見守ると子どもが多くの学びを得られる

遊びの帰り際、なかなか帰ろうとしない子どもに「いい加減にしなさい。早く帰るわよ」と、お母さんは言いがちです。帰って夕飯の支度をしてお風呂にも入れてと考え出すと、まだ遊びたがる子どもにお母さんはついイライラしてしまいますね。
でも少しだけ子どもの行動を待つことで何か学びを得られるかもしれません。子どもが何かに集中しているときは頭をフル回転させているとき。声を掛けるのを待って様子を見守りましょう。

子どもの自分で学ぶ意欲を伸ばすには、やりたい遊びを最後までやらせよう

子どものやることには意味があります。帰らないのも何か理由があるのです。
子どもは遊びの中で探求を繰り返し、学んでいきます。身の回りのものやできごとが何のためにあるか実体験を通して確かめているのです。気になるものをどこまでも追いかけたり、自分が何かをすると周りも変化することに気づいたりします。
探求を最後までやらせると子どもはできごとを理解し、楽しくなります。分かる楽しさを知ると学ぶ意欲が出てきますよ。

子どもの“やりたい”を認めると、自分から学ぶ集中力のある子どもになる

4歳のEくんは、暗くなっても川沿いの遊歩道から帰りません。お母さんは叱るのをこらえて、Eくんを少し観察しました。どうやら道端の花に止まっている小さな黒い虫が気になっているようで、じっと見つめています。
5分後「お花の中で虫が動いていたよ。ご飯を食べていたのかな。もう帰るよ」とEくんは納得した様子でした。その集中力にお母さんは驚きます。生き物に興味が出てきたこともうれしくなり、図鑑を買うことを約束しました。

子どもが何かをしたい時は成長のチャンス。新しい発見や探求心が芽生える

子どもがなかなか家に帰らない。一見、問題行動のように思えますが、実はそんな時こそ子どもが何かを学んでいるサイン。可能な範囲で興味を持っていること、したいことを満足するまでやらせてみましょう。子どもの新しい発見や探求につながります。
子どもがやり遂げた後は「最後まで、できたね」と声をかけましょう。達成感を大好きなお母さんと一緒に分かち合えると、子どもはうれしいものです。興味を深めることで、自ら楽しみながら学べる子になりますよ。

今日の1日1成長

やりたいことをとことんさせよう!好奇心や探求心を持った子どもになる
子どもの集中力も1成長、お母さんの受容力も1成長
どばしはるな(文)わたなべみゆき(編集)日本キッズコーチング協会理事長竹内エリカ(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]