Baby&Kids

毎日のオモチャまみれから卒業!片付け上手に育てる習慣のつけ方

vol 1524【1日1成長お母さん】良い習慣を身につけて自分で行動できる子に育てよう

繰り返してしまう「片付けなさい!」から卒業して穏やかでいたい

一日中家族のために忙しなく動き回っているお母さん。家事を終えてほっとしたのも束の間、夕方子どもたちが幼稚園や保育園から帰ってくるとせっかくきれいに片付けたリビングも数秒でオモチャがあふれ返ってしまいます。
毎日毎日散らかるリビングとご飯前や寝る前に繰り返す「片付けなさい!」の声。「片付けないと捨てちゃうよ!!」と怒ってしまうのは良くないって分かっています。
ではどうしたら上手くいくのでしょうか。

いつもの夕食前のルーティーン。何度言っても根付かずにイライラする

H美さんは4歳と6歳の女の子のお母さん。昼間はパート、帰りに子どもたちの保育園に迎えに行き、買い物して帰宅という毎日を過ごしています。
夕飯作りの最中、子どもたちは2人で遊びながら待っています。いざご飯ができて「食べるよ!」という時にはいつもリビングはオモチャだらけ。
疲れているH美さんはそれを見てため息をつきながら「片付けるよ〜!」と子どもたちに声をかけて片付けているのですが、なかなか自主的に片づけようとしない2人に、最後はイライラして怒ってしまうことに悩んでいます。

 

子どもが自主的に動けるようになるには「片付けて」という言葉を封印しよう

「片付けて」と言う最終目的は、子どもが片付けを自分でできるようになることですよね。お母さんが声をかけてその時だけしぶしぶ片付けていても、習慣にはならないのです。
だったら思い切って「片付けて」という言葉を封印しましょう。大切なのは自分で考えさせて行動ができること。そのためにはお母さんの質問が大切です。「ご飯食べる前はオモチャどうするんだったっけ?」と質問すると「片付ける」と返ってきたら「正解!一緒に競争しながらお片付けしよう!」と遊びを交えて、楽しくお片付けしましょう。

考えさせる質問が子どもの予測する力を育てて良い習慣に繋がっていく

子どもは人に言われたことよりも、自分で「○○する」と言ったことの方が、責任をもって最後までやり遂げる傾向にあります。
また4歳になると「予測能」といわれる先のことを予測する力が発達してきます。この時期に次にすることを想像させることでしつけが上手くいきやすいのです。
ひとつのことを習慣にするには2週間かかると言われています。指示するよりも、根気強くお母さんが質問することで子どもは良い習慣を自然に身につけることができるのです。きっとお母さんのイライラもぐんと減っていくでしょう。

今日の1日1成長

お片付けが習慣化する秘訣。「片付けて」を「どうする?」に変えるだけ
子どもの行動力も1成長、お母さんの質問力も1成長。
ちゅうじょうゆか(文)田中京子(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]