Baby&Kids

行動力に継続力をプラスして小さな“できた”を積み重ねよう

vol.1527【1日1成長お母さん】途中で違うことを始めちゃう子も軽く触れることで最後までできる

興味の対象がどんどん変わることは長所にも短所にもなると知っておこう

好奇心旺盛な子は興味の対象が次々と変わっていきます。目に入るもの全てに目移りしてしまうほどです。このようなタイプの子は一つのことを深く考えたり行動し続けたりすることが苦手なので、短所のように捉えるお母さんもいるでしょう。
しかし、興味の対象が変わりやすいということは、新しいことを思いつくアイディアマンになれたり面白いことを発見したりすることに繋がり、そしてそれを実現する抜群の行動力があるともいえるのです。

途中で違うことを始めてしまったら軽く触れて今すべきことへ意識を戻そう

Hちゃんは、楽しいことを見つけるのが得意です。お母さんはHちゃんの集中力がなくて落ち着きがないことに困っています。
ある日、Hちゃんはお片付けをしている途中で片付けるはずのおもちゃで遊び始めてしまいました。
お母さんはHちゃんに軽く触れながら「今、何をする時間だったかな?」と尋ねました。Hちゃんは遊びの手を止め「あ、お片付けの時間だった!」と元気にお片付けを再開。
その後、お片付けを最後までできたHちゃんはお母さんとハイタッチで喜びました。

意識を切り替えるには、声をかけるだけより軽く体に触れることが効果的

好奇心が旺盛な子は、一つのことに集中して長く取りくむことが苦手です。そんなときに「集中してやりなさい!」と怒鳴っても意味はありません。声をかけただけではすぐに意識を切り替えられないこともあります。
まず、優しく体に触れることで意識をこちらに向けさせます。それから「今は何をする時間かな」と問いかけて子ども自身に考えさせましょう。
体に触れながら自分で考られるような質問の仕方を工夫することで、子どもに強く意識づけられ一つのことを最後までやりきれる力が育つのです。

お母さんが子どもの特徴を理解して“最後までできた”を積み重ねてあげよう

好奇心が強く積極的な子どもに対して、お母さんは元気がよくてたくましいと感じる反面、一つのことを継続しにくいことに心配を覚えるかもしれません。お母さんが子どもの特徴を理解し対応の仕方を知ることで、子どもは最後まで継続する力とその楽しさを知ることができます。
最初はお片付けのような小さなことから最後までできる経験を積み重ね、継続できる習慣を身につけましょう。好奇心からくる持ち前の行動力に継続する力が加わると、子どもの最後までやり遂げる力がグッと伸びていきます。

今日の1日1成長

「何をする時間かな?」と触れながら声をかけ、最後までできるように導こう
子どもの目標達成力も1成長、お母さんの計画力も1成長。
波多野裕美(文)かわさきちか(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]

SPECIAL!