Baby&Kids

習い事の練習を理想通りしない子も楽しんでいればいずれ上達する

vol.1528【1日1成長お母さん】楽しくないとやらない子は楽しくなる方法を探してみよう

子どもの好きなことは上達を焦らなくて大丈夫!ゆったり構えて見守ろう

愛嬌たっぷりでいつもニコニコ機嫌が良いタイプの子どもがいます。赤ちゃんの時は大人しくてほとんど手が掛からないのですが、おっとりしていてのんびりしています。
のんびり屋タイプの子は器用さが求められる動きは得意ではありません。ピアノなどの指先を使うような習い事で、楽しみながらできるとよいでしょう。
好きなことであれば練習を重ねて、ゆっくりですが上達していきます。楽しい気持ちを大切にすることがポイントです。

手先や指先が不器用でも子どものペースを大切にすると自信がつく

のんびり屋タイプの子どもは“巧緻性”という手先や指先を上手に使う動きが苦手です。漠然と「手の指先をもっと動かして」と言われてもよくわからないのです。
しかし一方で、感性が鋭い一面もあります。子どもが好きなことは感性の力を借りて指先の動きを覚えて身に付けていけます。
上達のスピードはのんびりかもしれませんが、子どもの「好き」という気持ちを信じて楽しんでいる姿を大切にしましょう。時間がかかってもできるようになると自信がつきます。

その子に合わせた練習方法を探してみよう。嬉しいことが上達の鍵

5歳のMちゃんはピアノが大好きですが、自宅で練習するのは苦手です。自分で練習していても、よく分からなくなり楽しくないのです。
お母さんに「練習しなさい」と言われるので練習が必要だとは理解していますが、楽しくないのでやりたくありません。
週に一度のレッスンが練習の場にもなっていきましたが、Mちゃん自身はできることが少しずつ増えていくのをとても喜んでいました。家族に覚えた曲を披露すると喜んでもらえるのがとても嬉しかったのです。
 

お母さんの嬉しい気持ちを知ると子どものやる気が引き出されます

自宅で習い事の練習をしていなくても心配いりません。楽しいと思う気持ちはやる気につながっていきます。
「新しい曲を聞かせてくれてありがとう。とても嬉しいわ」というように、お母さんがどういう気持ちになったかを素直に伝えてみましょう。
喜んでもらえると分かると「お母さんが喜んでくれるから次の曲を練習しよう」と子どもがやる気を出していきます。そのやる気がコツコツ努力していくことに繋がっていきます。

今日の1日1成長

「お母さんは嬉しいわ」の言葉で子どものやる気が一気にアップする
子どもの行動力も1成長、お母さんの表現力も1成長。
きとうめぐみ(文)むらたますみ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]

SPECIAL!