Baby&Kids

2歳は集中力を養う絶好のタイミング!子どもの興味を見守ろう

Vol.1560【1日1成長お母さん】困ったときの魔法の言葉。「手伝って」を教えると集中できる子に

子どもが集中力を付けるなら2歳がお勧め!夢中になったらとことんやらせる

子どもが1人遊びするようになったけれど長く続かない、すぐに飽きてしまう、そんなお悩みをお持ちのお母さんがいるかもしれません。
いつになったら一つのことに集中できるようになるのか心配になりますね。1歳は子どもが集中力を身につける絶好のタイミングです。
子どもが真剣な顔で黙々と何かをし始めたら集中しているサイン。「何つくっているの?」などとお母さんは話しかけてしまいがちですが、静かにそっと見守ることで集中力がどんどんアップします。

“楽しい”“できた”“分かった”を繰り返すと子どもの集中力が高まる

子どもは1歳でできることが増え、2歳では物事を理解し始めます。興味があり楽しいことに対して“できた”“分かった”という感覚を繰り返すうちに集中力が高まります。
途中で投げ出しそうなときは何かが難しくてできないのかもしれません。そんなときは最後までできるようにお母さんがサポートしましょう。
またパズルや積み木など、作って壊すという工程を繰り返し遊べるものを取り入れると集中力が養われます。

ひとりでできないときに「手伝って」と言える子は最後まで集中できる

2歳のAくんはブロック遊びが好きで、上に積み上げては壊してと自由に遊びます。でもブロックを積み上げた途中で手が止まり、別の遊びを始めました。
お母さんはAくんが何かに悩んでいるように見え、「困ったときは手伝ってと言ってね」と教えました。Aくんは「高くするの倒れないように手伝って」と言います。
お母さんが下の方のブロックを増やし安定させると高い塔ができました。それ以来Aくんは困ったときは言葉で伝え、遊びも長く楽しめるようになりました。

集中できる子どもは自分でやろうとする自立心が育つようになる!

子どもが遊びにすぐに飽きてしまうとお母さんは心配になりますね。でも子どもは自分が興味を持ったものを繰り返し探求する力を持っています。
一つのことに取り組む様子が見られれば集中力が高まる兆し。どんなことに興味を持ったのか見守りましょう。
ブロック遊びに興味があれば、色々な作品を見せるなどイメージを膨らませてあげるのも良いですね。集中力がつくと「自分でやりたい」という意欲が出てきます。子どもの自立につながっていきますよ。

今日の1日1成長

2歳になったら夢中になる体験を沢山させよう!集中力ある子どもに育つ
子どもの集中力も1成長、お母さんの受容力も1成長
どばしはるな(文)田中京子(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]

SPECIAL!