Baby&Kids

“ハイハイ”が心と体を強くする!思う存分“ハイハイ”させよう

vol.1564【1日1成長お母さん】歩き始めが遅くても大丈夫。我が子のペースを見守ろう

子育て支援センターに行くとついついよその子と比べて発育が気になる

同じ月齢の子を見かけるとついついわが子と成長段階を比べてしまうこと、よくありますよね。寝返りの時期やひとり座り、つかまり立ちやつたい歩き。お母さんからすると成長のひとつひとつがどれも貴重で宝石のように輝いてみえます。
そんな中、子どもによって成長のペースが育児本通りに進む子もいれば、とってものんびりマイペースな子もいます。初めての子育てだと他の子と比べて少し心配になることもありますね。

“ハイハイ”期間が長すぎるなんて心配無用!歩き出した時のけが予防になる

T美さんは1歳の男の子を育てています。子どもを連れて通う子育てサークルやコミュニティで同じ月齢の子を見かけると、もう上手にひとりで歩いているのに驚きました。
自分の子どもはどこへ行くにもまだハイハイばかり。立ち上がってもまた慣れているハイハイに戻ってしまうのです。
不安になっていると「ハイハイする子は腕の力が強いから、歩き始めた時にあまりけがをしないよ」ということを聞き、のんびりペースのわが子と他の子を比べるのをやめました。

発達のペースは子どもの個性によってもさまざま。ゆっくりでも大丈夫

月齢の近い他の子が先に歩いているのを見かけると、我が子より運動神経が発達しているように感じて焦ってしまいがちです。しかしあまりに早く歩き始めると腕の力が弱いため、転んでも自ら手が出ないので顔に傷をつけたり、腕を折ったりしてしまうこともあります。
また感情をコントロールする機能は運動機能と密接に関わっているため、ハイハイして腹部の筋力が発達すると我慢もできるようになるのです。
発達のペースは子どもによって様々でなんでも早いから良いというわけではないのです。

歩き出すのはむしろ遅くて大丈夫。“ハイハイ”で心と体を鍛えよう

やる気は1歳のこの時期の運動量に影響を受けます。体を十分に動かすことは知能や心の発達に大きく影響するのです。
できるだけこの時期は自然の中でたくさん体を動かして思いっきり遊ばせてあげましょう。そしてハイハイをあまりせずに既に歩き出した子どもには手押し車や室内用のジャングルジムなどで上半身や腕の筋肉を鍛えましょう。
後からでもちゃんと鍛えることはできます。今すぐできる運動で体を鍛えるだけでなく、やる気や心の発達も育んでいきましょう。

今日の1日1成長

成長ゆっくりペースがこの子のリズム“ハイハイ”が心と体を強く育てる
子どもの挑戦力も1成長、お母さんの需要力も1成長。
ちゅうじょうゆか(文)むらたますみ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]