Baby&Kids

兄弟げんかはたくさんさせよう。けんかから学べる大切な力がある

vol.1596【1日1成長お母さん】子どもの嬉しい体験も悲しい体験も、優しさの源になる

兄弟げんかは思いやりがないから?実は思いやりを育むために大切な過程

兄弟がいるおうちでは楽しく遊ぶ姿だけでなく、けんかをすることもありますね。兄弟げんかが始まると言葉が乱暴だったり、おもちゃを取り合ったりしている姿を見て、思いやりの気持ちが見えず心配になることもあります。つい口を出してしまうお母さんも多いと思います。
けれどそのまま子どもだけに任せてみると、時間がかかるのですが自分たちで解決する方法を探そうとします。
その力を伸ばすためにはまず子ども自身がたくさんの経験をすることが大切です。
 

小さな兄弟げんかは子どもに任せてみよう。子どもの解決する力が伸びていく

RくんとHちゃんは3歳違いの兄弟です。おもちゃの取り合いで毎日のようにけんかをしています。お母さんは「いいかげんにしなさい」「順番にしなさい」「もうあなたがやめなさい」と、だんだん指示が多くなります。
しかし子どもはけんかをやめません。お母さんが子どもに任せて、少々のいざこざは学びの機会だと見守ると、子ども同士で妥協点を見つけけんかが収まったのです。
子どもたちだけで乗り越えられたことにお母さんは驚き、そして嬉しく感じました。

子ども自身の経験が思いやりの気持ちを育てる。子どもの力を信じよう

5歳頃になると人の気持ちに寄り添う“共感”ができる能力が発達します。相手を叩いてしまったら痛いだろうな。相手にこんなことをしたら悲しむだろうな。などと相手の気持ちを想像する力です。
男の子は女の子よりも気持ちを察することが苦手だとされていて、自分の体験をベースにして育くんでいきます。
男の子が人の辛さや悲しさを知るためには、辛い悲しい体験を通して学んでいきます。さらに体験を通して人をいたわる気持ちが芽生えます。

子どもが自分の力で解決できるようになると、優しく社会性のある子に育つ

“共感する力”というものは、さまざまな人付き合いを通して学んでいくものです。
人から意地悪をされたら意地悪をされたときの、優しくされれば優しくされたときの気持ちが分かります。経験をもとに備わっていく能力なのです。
兄弟げんかが始まったらお母さんは、見守りましょう。気にしすぎないために音楽を聴くなど好きなことを楽しみながらもいいですね。
その間に子どもは自分の力で解決していくようになり、優しさも身について社会性のある子に育っていきます。

今日の1日1成長

兄弟げんかは見守るが吉!自分たちで解決させ、優しさと社会性を育もう
子どもの共感力も1成長、お母さんの包容力も1成長。
きとうめぐみ(文)かわさきちか(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]