Baby&Kids

小さなステップでお母さんが寝かしつけの魔法使いになる

vol.1569【1日1成長お母さん】焦らないことがいちばんの近道。少しずつゴールへ近づける

毎日の寝かしつけ。最後はいつも叱られながらしょんぼり夢の中へ

世のお母さんはみんな、子どもたちが眠る前くらい優しい声で絵本を読んであげたいと思っているものですね。絵本を読みながら少しずつ眠りに誘われるわが子の顔を見つめ、今までの成長を感じたりしたいものです。
でも現実はそんなに甘くなく「明日起きられなくなるよ!」「あと5分で寝ないと知らないよ」なんて言葉を使ってしまうのが現状。
実はお母さんが理想の時間に寝かしつけるためには小さなステップをたくさん作ることが一番の近道なのです。

いつも最後に怖い顔で叱ってしまう自分を変えて幸せなベッドタイムをつくる

4歳と6歳の女の子を育てているM子さん。いつも遅くても9時には寝てもらいたいなと考えているのですが、ふたりのおしゃべりが止まらずなかなか寝ようとはしません。
はじめは優しく「もう寝る時間だよ」と声をかけるM子さん。全く寝ようとしてくれないふたりに最後は大きな声で「寝なさいって言ってるでしょ!」と強く叱ってしまうのです。
このままではダメだと考えていたそんなとき、いきなり9時に寝ると言うだけではダメだと聞いて、小さなステップを作って進めてみることにしてみたのです。

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]