Baby&Kids

小さなステップでお母さんが寝かしつけの魔法使いになる

vol.1569【1日1成長お母さん】焦らないことがいちばんの近道。少しずつゴールへ近づける

毎日の寝かしつけ。最後はいつも叱られながらしょんぼり夢の中へ

世のお母さんはみんな、子どもたちが眠る前くらい優しい声で絵本を読んであげたいと思っているものですね。絵本を読みながら少しずつ眠りに誘われるわが子の顔を見つめ、今までの成長を感じたりしたいものです。
でも現実はそんなに甘くなく「明日起きられなくなるよ!」「あと5分で寝ないと知らないよ」なんて言葉を使ってしまうのが現状。
実はお母さんが理想の時間に寝かしつけるためには小さなステップをたくさん作ることが一番の近道なのです。

いつも最後に怖い顔で叱ってしまう自分を変えて幸せなベッドタイムをつくる

4歳と6歳の女の子を育てているM子さん。いつも遅くても9時には寝てもらいたいなと考えているのですが、ふたりのおしゃべりが止まらずなかなか寝ようとはしません。
はじめは優しく「もう寝る時間だよ」と声をかけるM子さん。全く寝ようとしてくれないふたりに最後は大きな声で「寝なさいって言ってるでしょ!」と強く叱ってしまうのです。
このままではダメだと考えていたそんなとき、いきなり9時に寝ると言うだけではダメだと聞いて、小さなステップを作って進めてみることにしてみたのです。

ハードルは低く小さなステップをたくさんクリアして幸せな寝かしつけタイム

今まで寝るまでの時間は決めていてもそれまでの流れはバラバラだったM子さん。まずは子どもと寝室に入る時間を8時半に決めました。8時半に寝室に入れたらそれでOKです。
それができるようになれば「おやすみなさい」をみんなで言う。それができたら次は電気を消す。小さなステップを一つずつクリアしていくことでM子さんも子どもたちも9時に眠れる体制が整うようになりました。
ハードルを低くしてそれをクリアすることで子どもたちも「やればできる」という自信につながったようです。

必ずクリアできるくらいの絶妙な課題が子どものモチベーションをあげる

ふだんお母さんが子どもに向かって言っていることは、子どもにとってハードルが高いことが多いのです。子どもに良い習慣をつけさせたいときは、必ず達成できるレベルくらいまでハードルを下げた課題を出すことがポイントです。
このように小さな課題を出すことをスモールステップ法といいます。課題をどんどん達成することで自信も育ち、もっと頑張ろうというモチベーションを生むのです。
少し遠回りのような気がしますが、お母さんが焦らずに見守っていくことで必ず本来の目標のゴールへ一歩一歩向かっていくのです。

今日の1日1成長

千里の道も一歩から。寝かしつけるための小さなステップをたくさん作ろう
子どもの継続力も1成長、お母さんの忍耐力も1成長。
ちゅうじょうゆか(文)田中京子(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]