Baby&Kids

人見知りする赤ちゃんに、お父さんは小さく高い声で話しかけよう

vol.1607【1日1成長お母さん】音に敏感な子に大きな声は控えよう。キーワードは安心できる声

赤ちゃんの頃に小さな音に敏感な子は、人の感情に共感できる優しい子に育つ

子どもには生まれもつ個性があります。小さな頃の性格のほとんどは生まれもったもので、育った環境の影響は少ないでしょう。
子どもの中には、生まれながらにして“人見知り”が強い子がいます。このタイプの子は赤ちゃんの頃から敏感で小さな物音にも反応したり、お母さん以外の人に慣れにくい傾向があるのです。
小さな頃は育てにくいと感じることもあるかもしれませんが、大きくなるとお友達やお母さんの気持ちを察して自然と優しくできる子に育つのです。
 

大きな声や低い音に泣く!お父さんに預けられるようになるコツは音にあり

やっと寝かしつけられた!と安心も束の間、少しガタッと物音をさせてしまい赤ちゃんが起きてしまいがっくり。そんな経験をしたことのあるお母さんは多いのではないでしょうか。
用事を済ますときにちょっとお父さんに預けたいと思っても、お父さんが話しかけた途端に泣いてしまう子も多いですよね。お父さんが買い物中抱っこできたら、お母さんも楽に感じることもあるはずです。
実は慣れてもらうために効果的な方法があるのです。

ポイントは“高く・小さく”話しかけること、優しい声で安心させよう

人見知りをする子の中には、お父さんのことも苦手と感じる子も多くいます。ちょっと用事を済ませたいときに預けるには、普段からの関わり方が重要です。
人見知りといっても慣れるのに時間がかかっているだけなのです。普段から声をかけてお父さんの声に慣れさせましょう。
声をかけるときは男の人特有の低い声ではなく、高めの小さな声で話しかけるのが効果的です。ニコニコ笑顔も忘れずに!
人見知りが強い子は聴覚や視覚も敏感です。声色や表情を感じ取るので、穏やかな気持ちで声をかけてあげてくださいね。

生まれもって優しい子。人の感情を察し、優しい言葉をかけられる子になる

人見知りが強いと「うちの子大丈夫かしら?」と心配になるお母さんもいるでしょう。遊びに行ってもお友だちの輪になかなか入れなかったり、クラス替えの度に「行きたくない」と言ったり。日々お友だちと仲良く遊べるようになるには、時間がかかっても「安心できる」ことが大切です。
心を許せる人や友達ができて安心できる環境だと感じられれば、お友だちを大切にし優しくできる力を生まれながらに持っています。お母さんが焦らずにゆっくり見守ることが子どもの優しさを引き出すポイントです。
 

今日の1日1成長

人見知りする子は繊細な感性の持ち主!高く小さな声で話しかけよう
子どもの共感力も1成長、お父さんお母さんの表現力も1成長。
かわさきちか(文)さわどあさみ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]