Baby&Kids

子どものわがままを笑いにチェンジ!方法の習慣化がカギ

vol.1655【1日1成長お母さん】気持ちを切り替える方法を親子で見つけ感情のコントロールを身につけよう

不平や不満が止まらないときの対処法。今までと違う習慣を取り入れよう

子育て中のお母さんが困っていることの一つに、子どもが泣き叫んだり怒ったりしながらわがままを言うなどの行動が挙げられます。
少し大きくなると、怒りながら言葉巧みに不平や不満を述べるのでお母さんも腹が立つこともあるでしょう。
気に入らないことがあったとき、泣き落としや怒りではなく、言葉で自分の意思を伝えられる方が望ましいですね。
そのためには気持ちを切り替えるための方法を見つけ、癖づけていきましょう。

上手くいかないこととはオサラバ!新しい習慣を発見し成功体験を積もう

人は一度成功した体験や経験をし続ける傾向にあります。
お母さんの中に、子どもが望ましくない行動をしたときに大きな声で静止している人はいませんか?大きな声を出す理由は、効果な方法だからです。
子どもも同様です。スーパーでお菓子が欲しいときに大きな声で泣く子を早く収めようとお菓子を買ってしまうことも、子どもにとって成功例です。
大人も子どもも過去の成功例に従い行動を選択しているのです。
もしお母さんが困ったと感じる行動が繰り返されているのであれば、違う習慣を身につける必要があります。
 

コツはアイテムの活用。感情を抑制し伝える力を引き出す習慣を身につけよう

Sくんは自分の思い通りにならないと大きな声で泣き、要求が通るまで続けるのでお母さんは困っていました。わざと大きな声を出しているように感じられ、よりイライラしてしまいます。
ある日、もらったマスクに犬の鼻と口を描き「これを着けると“わんわん”ってお話しするんだよ」と遊びの中で着けさせました。すると子どもが大きな声で泣いたときにマスクを着けると「わんわん」と文句を言い、笑いが起きて怒りの感情がおさまったのです。
わんわんマスクで気持ちを切り替えるきっかけになってくれました。
 

親子それぞれの成功方法を見つけ、聴く耳とコミュニケーション力を育もう

Sくんの件はほんの一例に過ぎません。大切なのは、親子での“気持ちの切り替えスイッチ”の成功方法を持っておくことです。
それぞれの親子で、気持ちを切り替える方法は異なります。様ざまな方法を試してついクスッと笑える方法を探してみましょう。
気持ちが切り替えられるスイッチになるものが必ずあります。感情のコントロールができる習慣を身につけることで、子どもの聴く姿勢も育ちます。親子のコミュニケーションにも役立つことでしょう。
 

今日の1日1成長

親子で気持ちを切り替えるスイッチを見つけ、聴く心と耳を育てよう
子どもの対応力も1成長、お母さんの探求力も1成長。
かわさきちか(文)むらたますみ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]

SPECIAL!