Baby&Kids

叱るときは具体的な言葉で端的に!子どもが聞き入れやすくなる

vol.1693【1日1成長お母さん】感情的に叱ると逆効果。落ち着いて子どもの目を見て伝えよう

叱り方に悩むお母さんは多いもの。叱り方を振り返ると解決策が見えてくる

子どもを育てていく中では子どもを叱る場面があります。安全に関わることや道徳に反することなどは、お母さんが子どもにきちんと伝えなくてはいけません。叱っても子どもがなかなか理解してくれない、毎日同じことを繰り返し言っている、どうやって叱ればよいか分からない、子どもへの影響が心配になる、など悩むお母さんも少なくないでしょう。そんなときは自分の叱り方を振り返ると、解決方法が見えてくるはずです。

「ダメよ」ではなく、具体的な行動を示すと子どもは行動できるようになる

子どもを叱るときは、分かりやすくメッセージを伝えることが大切です。電車で騒いでいるときは「ダメよ」ではなく「静かにしなさい」と具体的に望ましい行動を伝えると子どもは理解できます。「だから言ったでしょ」「何回言えばわかるの?」など感情的に叱ると子どもの人格を否定することに繋がります。お母さんが感情的になると子どもは叱られている内容よりも恐怖心や不安を抱きます。注意するときは冷静に真剣な顔で子どもの目を見て伝えましょう。

危ないことを理解できると他の場面でも子どもが注意を払おうとする

2歳のHくんは興味があるものはなんでも触ろうとします。そのたびにお母さんは「ダメよ!」と叱りますが、別の日にはまた同じことの繰り返しで困っていました。ある日Hくんが熱いスープに手を伸ばしたのでお母さんは真剣な顔で「熱いよ!」と叱りました。Hくんは驚きましたが意味を理解し、次から熱いと言われたものには手を出さなくなりました。子どもは「ダメ」と言っても何を注意されたのかわかりませんが、具体的な言葉を伝えると行動の改善に繋がるのです。

曖昧な言葉を具体的な表現に変えよう!落ち着いたときに伝えるのも効果的

叱るときは具体的な言葉でシンプルに伝えることが重要です。子どもが同じことを繰り返す場合は、曖昧な言葉になっていないか、子どもが注意を聞ける状態であるかを見直してみましょう。危険なことはその場ですぐに伝えますが、子どもが興奮状態のときは落ち着いたときに伝えた方が効果的です。“叱る”ということは子どもに行動を直してもらうためのもの。根気がいりますが、正しい行動をわかりやすい言葉で子どもに伝えていきましょう。

今日の1日1成長

「ダメ」ではなく「熱いよ」叱るときは具体的な言葉をきちんと伝えよう
子どもの受け取る力も1成長、お母さんの伝える力も1成長
どばしはるな(文)吉田あき(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]

SPECIAL!