Baby&Kids

のんびりな子のお支度はお母さんが一緒に参加することがポイント

vol.1709【1日1成長お母さん】のんびりした子には分かりやすい指示と楽しい雰囲気を心がけよう


 

のんびりタイプの子は急かされるとストレスを抱えやすい。楽しさを意識して

いつもニコニコしてマイペースな子どもを持つお母さんは、毎日「早くしなさい」を連呼してしまいます。朝や夕方の忙しい時間帯にのんびりされては急かしたくもなります。しかしのんびりタイプの子どもは急かされることが続くとストレスを抱えて、普段見られないような癇癪を起こしたり爪を噛んだりして不安定になることがあります。そんなときは子どものペースに合わせて一つずつ指示を出し、楽しい雰囲気の中で行動へ移せるような声かけをすることが良いでしょう。

のんびりやさんは目移りして気がそれがち。一緒にやろう!で集中させよう

のんびりやさんは楽しいことが大好きで気が散りやすいところがあります。お着替えをしているときにおもちゃを見つけると、ついつい手が伸びてしまいます。そんなときに支度が進まないことを叱ると “自分はだめな子だ”と自信をなくしてしまうこともあります。できないことを責めるのではなく支度を楽しむ工夫をしましょう。このタイプの子は人が大好き。お母さんが一緒にお着替えをしたり兄弟で競争したりするのもいいでしょう。

のんびりやさんは楽しいことに対しては“やってみたい”と積極的に取り組む

Hちゃんはのんびりゆっくりの年少さん。お母さんは毎日「早くしなさい」「急ぎなさい」とイライラしながら声をかけていました。怒ったり急かしたりするほどにHちゃんは動けなくなり泣き出してしまいます。困ったお母さんは作戦変更。「お母さんと一緒に片付けよう」「幼稚園でいっぱい遊べるように一緒にご飯食べよう」と声をかけました。すると、今までなかなか行動に移せなかったHちゃんが積極的にお片付けや食事をしてくれるようになりました。

毎日のルーティンを決め「次は何?」と考えさせることで習慣化できる

子育ては時間との戦いです。毎日時間に追われているお母さんはのんびりしている子を急かしたくもなるでしょう。しかし、それが逆効果になることも。のんびりやさんは急かされたり叱られたりするほど混乱して動けなくなってしまうことがあるのです。急かす代わりに毎日のルーティンを決め、お母さんや兄弟と楽しく一緒に支度をしてみましょう。慣れたら少しずつ「次は何するんだった?」と自分で考えるよう質問することで習慣化していきます。次第に一人で支度ができるようになっていきます。

今日の1日1成長

のんびりしている子に「早く」は逆効果!「一緒に」で楽しく支度しよう
子どもの行動力も1成長、お母さんの促す力も1成長。
波多野裕美(文)吉田あき(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]