Baby&Kids

わんぱくボーイの叱り方はズバっと一言で伝わる工夫をしよう

vol.1723【1日1成長お母さん】性格に合わせた叱り方をすることでお母さんのイライラは激減する

一日に何度も叱ってイライラが爆発!そんなときは伝え方を変えてみよう

元気いっぱいでじっとしていられない子っていますよね。広い公園に行くとお母さんの手を振りきって走り回ったり、お買い物に行くと商品を触って落としたりとお母さんを困らせる行動が目に付きます。お友達の持っているおもちゃが欲しくなり、無理やり奪ってしまうことも。お母さんは片時も目が離せず、ずっと追いかけてクタクタ。毎日何度も同じことで叱ることが多くてお母さんもイライラしてしまいます。そんなときは注意の仕方を変えてみると伝わります。
 

興奮するとお母さんの声は聞こえない!背中にタッチして注意を引こう

わんぱくな子は好奇心旺盛で目に映るもの全てに興味を示します。広い場所に行くと一気に興奮のスイッチが入り走りだすことも。そんなときに「人がたくさんいるから止まりなさい」と言ってもお母さんの声は子どもに届いていません。わんぱくな子に注意するときは背中にタッチしながら「ストップ」と一言で伝えましょう。体に触られることでお母さんが何か言っていることに気づくのです。わんぱくな子は話を聞くのは3秒が限界ですので一言だけ伝えるといいでしょう。
 

子どもの個性に合わせた注意の仕方で伝えると、子どもの行動は改善される

2歳のSくんはやんちゃな男の子。ある日お母さんの友だち親子と遊んでいたときのこと。いつものようにお友だちの物を取ったり、おもちゃでお友だちを叩いたりとはしゃぐSくん。お母さんはその日に何度も注意を繰り返しましたが興奮して全く聞こえていません。Sくんの乱暴な行為にイライラしていたお母さんですが次に注意するときは背中を触り「ストップ!」とだけ伝えました。すると「え!?」という表情でお母さんを見るSくん。お友だちを叩いていた行動をやめて違う遊びを始めていました。
 

同じ注意を繰り返さないよう、子どもに伝わる伝えかたでストレスを減らそう

このタイプの子は好奇心旺盛なゆえにどうしてもお母さんに注意されることが多くなります。一日に何度も注意を繰り返すお母さんはイライラが溜まり「いい加減にしなさい!」「本当にダメな子なんだから!」と怒りを子どもにぶつけてしまい、子どもの人格を否定してしまうことも。すると自己肯定感が下がることに繋がります。注意するときにはしっかりと子どもに届くようタッチしながら一言で伝え、行動改善を促して注意する回数を減らしましょう。

 

今日の1日1成長

わんぱくな子は3秒以上聞けない!叱るときは「ストップ」と一言で伝えよう
子どもの聞く力も1成長、お母さんの伝える力も1成長。
吉田あき(文)わたなべみゆき(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]