Baby&Kids

1歳は実験、検証の繰り返し。とにかく舐めて触って確かめる

1歳でも達成感を満たす経験ができる!興味のあることはやらせてあげよう

1歳は好奇心の塊。好奇心を満たすと達成感を感じやる気につながります。まだ1歳だからと思うのではなく、子どもが興味をもったことは思いっきりやらせてみましょう。家の中でもテーブルやソファなど、少し高いところも登れるようになります。思わず「ダメ」と言いたくなることも。ここは「ダメ」と言いたい気持ちをぐっと我慢して子どもを見守ってください。「ダメ」の代わりに「登れたね」「できたね」とできたことを認めて達成感を満たしてあげましょう。
 

「ダメ」と言うのは危険な時だけ。代わりに短い言葉でダメな理由を伝えよう

1歳の子どもに「ダメ」というのは危険な時だけにしましょう。「ダメ」を多く言われると、子どもはやる気をなくします。興味があっても行動できなくなることも。危ないときは「ダメ」と言わずに「危ないよ」「熱いよ」といけない理由を伝えます。少し強めの口調ではっきりと子どもの目を見て伝えるのがポイント。「ダメ」と言われてもどうしてだめなのかがわからなければ、子どもはまた繰り返してしまうもの。理由を短い言葉で伝えていくと判断力のある子になります。
 

今日の1日1成長

1歳は小さな「できた」をたくさん経験させてあげて。やる気に満ちた子になる
子どもの実験する力も1成長、お母さんの包容力も1成長。
きただゆみ(文)わたなべみゆき(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]