Baby&Kids

「宿題やった?」は逆効果。自発的な学習を促す声がけをしよう

vol.1826【1日1成長お母さん】「いつやるの?」という声がけで自発的な学習は習慣化できる

“勉強させる”ことから卒業しよう!やる気UPで学びを習慣化する

幼稚園に入ると、ひらがなや数字などの学習が本格的に始まりますね。幼稚園以外にも、お外遊びや習い事で大忙しです。その中で、毎日欠かさず自ら進んで学習をするというのは、なかなか難しいものです。遊んでばかりの子どもにイライラして「宿題やったの?」と怒ってしまうこともあるでしょう。怒って勉強させるのではなく、自ら進んで学ぶようになってくれたら嬉しいですよね。そんなお母さんにぴったりな、子どものやる気を上げて、楽に自発的な学習を習慣化できる声かけがあります。

「宿題やった?」は逆効果。その理由を知り、声かけを変えてみよう!

「宿題やった?」と子どもに聞くと「今やろうと思ったのに!」と機嫌が悪くなってしまうことがあります。答えをYES/NOの2択で要求する質問なので、事実を明確にできる反面、責められていると感じやすいです。そこで声かけを「宿題いつやるの?」のように、自由に答えられる“オープンクエスチョン”に変えてみましょう。子どもが自分で考える余地がある質問をすることで、気づきを促す効果があります。さらに自分で考えて行動することが、やる気と自立につながるのです。

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]