Baby&Kids

子どもの嘘や言い訳は叱るのではなく受け止めることから始めよう

vol.1837【1日1成長お母さん】子どもの言い分を聴くことで嘘や言い訳は自然に減っていく

Recommend

「かわいくて子どもが乗りやすい♡」 ファースト自転車ってどう選ぶ?

嘘や言い訳ができる子は頭がいい証拠!子どもの成長としてとらえよう

子どもがイタズラをしたり、間違ったことをしたりしたときに、言い訳や嘘をつく。やめさせたいけど、どんな言葉がけをしたらいいのか困ることってありますね。実は、嘘や言い訳ができる子どもはとても賢い子です。お母さんに叱られないようにするため、とっさに理由を考えてお話しできる能力があるということです。巧みに言葉を使えるまでに成長した証です。すぐに叱るのではなく、まずは子どもの話を受け止めることから始めてみましょう。

どんな嘘や言い訳にもすぐに叱ったりせずに、まずは受け止めましょう

最近ハサミを使うのがお気に入りのUくん。なんでも切ってみたい好奇心で、お部屋のじゅうたんをチョキンと切ってしまいました。お母さんが尋ねるとUくんは「ハサミさんが勝手に動いて切っちゃった」と嘘をつきました。お母さんは、それがUくんの作り話だと分かっていますが「ハサミさんが勝手に切っちゃったんだね」とUくんの話を否定せずに受け止めました。すると、しばらくしてUくんは「本当はぼくがやった。ごめんなさい」と謝ってきました。
 

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE