Baby&Kids

お手伝いしたい3歳。できるかぎりやらせて自立心を育てよう

vol.1872【1日1成長お母さん】やりたい気持ちを満たせば、将来進んでお手伝いする子に成長する

Recommend





「かわいくて子どもが乗りやすい♡」 ファースト自転車ってどう選ぶ?



子どもができそうなお手伝いを用意して、やりたい気持ちを満たそう

3歳頃になるとお手伝いに興味を持ち始めます。慌ただしく夕飯の支度をしているときに限って「手伝いたい」と言いだしたりします。とっさにお願いできそうなことが思い浮かばないので、結局「また今度ね」と断ってしまうことってありますよね。子どものやる気をくじかないためにも、できるだけお手伝いを用意してあげましょう。調味料をボウルに入れる、野菜を洗うなど、簡単なお手伝いを経験するだけでも子どものやりたい気持ちが満たされます。

3歳は“自分でできた”をたくさん経験して、自立心を育てる時期

3歳は自分でやってみたいという“自立心”が育つ時期です。なんでも「やりたい!」と言ってくるので、お母さんとしてはかえって手間がかかって大変だと思います。しかし、お手伝いをしたいと言ってきたら、なるべく本人のやりたい気持ちを満たしてあげましょう。つまずいたときはやり方を教えて、お手伝いがちゃんとできたという達成感を経験させます。この経験が、自分で決めて実行し最後まで責任をとる“自立心”を育てるのです。

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE