Baby&Kids

7秒ハグは心の支え。甘えてきたときはハグして成長を応援しよう

vol.1879【1日1成長お母さん】成長のサインを見極めて子どものステップアップをサポートしよう

子どもが甘えたがったときには、すぐに7秒間抱きしめて安心感を与えよう

子どもが「お母さん見て!」と注目を求めたり、まとわりついてきたりすることがありますよね。毎回話を聞くのはとても大変です。それも夕食の支度など、忙しい時間を見計らったかのように駄々をこねることも。そんなときは忙しくても手を止め、7秒間子どもを抱きしめてみましょう。子どもは甘えたいときにしっかりハグしてもらえると、心が満たされてお母さんの愛情を感じます。何度も安心感に包まれているうちに、次第に甘える必要がなくなっていきます。
 

お母さんのハグは、子どもが成長するために一歩踏み出す気持ちを後押しする

子どもの“見てほしい”や“くっつきたい”気持ちは甘えの表れ。子どもは成長しようとしているときや、何かに挑戦しようとしているときに「大丈夫かな」と不安になります。そのときにお母さんに甘えることで不安を解消しています。充分に甘えた子は「やってみよう」とがんばる力が湧いてきて、成長や挑戦をしていけるのです。たった7秒で効果はバツグン。7秒抱きしめると愛情ホルモンが分泌され、子どもは安心できるのです。
 

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]