Baby&Kids

子どもに伝えるときにはお母さんに意識してほしい3原則がある

vol.1958【1日1成長お母さん】「怒るよ」の代わりにやってほしいことだけを端的に伝えよう

子育てあるある。すでに怒っているのに思わず出ちゃう「怒るよ」の言葉

何度も同じことを伝え続けているのに子どもが聞いてくれないとイライラする。子育てでそんな経験をしたお母さんはいませんか。「お母さん怒るよ」と怒りながら言ったことのあるお母さんもいるでしょう。しかしこの言葉はお母さんの気持ちを伝えることはできても、お母さんが何をしてほしいのかは子どもに伝わりにくいもの。行動を正すときには、やってほしいことを子どもの成長に応じた方法で伝える必要があります。

危険な理由も再三説明しているのに聞いていない我が子。どう伝えればいいの

3歳のDくんは好奇心旺盛な男の子。気になることがあると一目散に向かっていきます。遊びであればいろんなことに興味をもっていいなと思うお母さんでしたが、時には危険なことも。今日はハサミを持って走っていました。お母さんは「ハサミを持って走っていると転んでしまったときに危ないし人にあたるかもしれないでしょ」と理由も一緒に伝えていますが、聞いていないDくん。「お母さん怒るよ」と言ってもまたハサミを持って歩き回るため悩んでいました。

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE