Baby&Kids

子どもを批判しないで諭す方法「お母さん、悲しいな」

vol.1976【1日1成長お母さん】気持ちを伝えると行動の善悪を振り返ることができる子になる

ストップ!「あなたは意地悪だね」は子どもをもっと意地悪にしてしまう

突然ですが、あなたは子どもを叱るときにどんな言葉で伝えていますか?「お兄ちゃんなのに意地悪だ」「全然できていないよ」など、子どもを評価する言葉を使っていることはありませんか?お母さんは子どもに「これは意地悪なんだ、もうやめよう」と思わせたいのかもしれません。しかし、言われた子どもは「私って意地悪なんだ」と認識してしまいます。このような場合はぜひ「お母さん、悲しいな」と伝えましょう。
 

「あなたは〇〇だ」より「私は〇〇と思う」と自分の考えや気持ちを伝えよう

「お母さん、悲しいな」にはどのような効果があるのでしょう。これは“I(アイ)メッセージ”といいます。子どもの心を傷つけずに、お母さんの考えや気持ちを伝える方法です。反対の表現が「あなたは意地悪ね」で、子どもを評価する伝え方で、子ども自身を傷つけることがあります。Iメッセージを使うと、子どもは「自分が取った行動で、お母さんが嫌な気持ちになったんだ」と理解し、自然と振り返ったり反省したりできるようになるのです。

 

Recommend

フランス発のブランド・GLOBBERの【ゴーバイク デュオ】でキックバイクデビューしよう♪

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

RECOMMEND

Ranking
[ 人気記事 ]