Baby&Kids

子どもがしくしく泣いていたら?寄り添って思いを受け止めよう

vol.1993【1日1成長お母さん】先回りはNG、子どもが本当にしてほしいことをしてあげよう 

お友達とのトラブルで泣いていたら、まず悲しい気持ちを受け止めよう

4歳くらいになると特に女の子は、お友達関係も複雑になってくる時期。家に帰ってきてしくしく泣いていたら、誰でも心配になりますよね。なんとかしてあげたいと根ほり葉ほり聞いたり、問題解決しようとお母さんが先走ってしまうこともあるでしょう。しかし、それは本当に子どもがしてほしいことでしょうか?子どもが泣いているときに一番大切なことは、思いをそのまま受け止めてあげること。気持ちに寄り添ってあげることで、子どもの心は落ち着きます。安心すると本音も話しやすくなるでしょう。 

泣いている原因を探ったり解決を急ぐより、共感を言葉にすることが大事

幼稚園から帰ってきたKちゃん、いつもと違って元気がありません。「どうしたの?」と聞くと、しくしく泣き始めました。何があったのか聞いても「話したくない」と黙ってしまいます。「嫌なことがあったの?お友達とケンカしたの?」と何を聞いても首を振ります。「先生に電話しようか?」と言ったら余計に強く泣き、お母さんは困り果ててしまいました。こんなときは「泣きたいことがあったのね」と言葉に出して受け止めてあげましょう。

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

RECOMMEND

Ranking
[ 人気記事 ]