Baby&Kids

引っ込み思案な子は豊かな感性の持ち主。本物に触れることがカギ

vol.2053【1日1成長お母さん】まわりをよく観察する子は些細な違いにも気づくことができる

習いごとではいつまで経っても馴染めずに見学状態。それでも大丈夫!

習い事に行ってもその場の雰囲気に馴染めず、ぽつんとひとりぼっち。なかなか積極的に参加できずにいる姿を見て「うちの子にはこの習い事は合っていないのかな」と心配になるお母さんは少なくないでしょう。でも全く問題ありません。この子はその場の観察をしているのです。慣れない環境に溶け込むまでに時間はかかりますが、ゆっくりでも少しずつ慣れていきます。先生やお友だちなどその場の雰囲気をよく見る力をもった心優しい性格の持ち主なのです。
 

習いごとの場では気乗りしない様子。しかし家では熱心におさらい!

3歳の女の子はスイミングに通っています。着替えまでは順調に進むものの、プールの入り口でお母さんと離れるときはいつも涙のお別れ。ところがその日の晩、お風呂ではダイナミックに泳ぎのおさらい。その日習ったことを教えてくれます!ちょうどその年はオリンピック。世界各国の代表選手の泳ぎを見て「こんなに速く手を動かすんだね」と泳ぎの特徴にも注目。本物を見ることで意識が高まり、どんどん上達するようになりました。

 

Recommend

フランス発のブランド・GLOBBERの【ゴーバイク デュオ】でキックバイクデビューしよう♪

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

RECOMMEND

Ranking
[ 人気記事 ]