出展:photoAC

Baby&Kids

ベビーカーの失敗しない選び方!これで安心♡種類・機能も徹底解説

ベビーカーはどうやって選ぶの?いつからいつまで使えるの?そんなあなたにA型やB型、AB型などの種類をわかりやすく解説。選び方のポイントや、レンタルを選択する場合のメリットやデメリットについてもご紹介します。

赤ちゃんにピッタリなベビーカーをチョイスできたら、おでかけの心強い相棒になってくれます。ベビーカーはA型やB型、AB型など名称もややこしく、機能も多種多様でわかりにくいですよね。今回は、ママが気になる「ベビーカーはいつからいつまで使える?」「なにをポイントに選べばいいの?」という疑問にお答えしましょう。また、たくさんあってややこしい、ベビーカーの種類についての解説も要チェックです!

■ベビーカーはいつから使える?いつまでに準備する?

出展:photoAC

出産を控えて、ママパパは準備するものがたくさん。赤ちゃんの物をいろいろ選ぶのは楽しみではあるけれど、失敗しないためにも急いで買うのはちょっと待って!
ベビーカーは、タイプにもよりますが一般的に生後1カ月を過ぎたころから使えるようになります。生後1カ月の新生児と呼ばれるこの時期は、体温調節が苦手で免疫力も十分ではありません。1カ月検診が終わるころまでは、積極的な外出は控えたほうが安心です。

出展:photoAC

1歳過ぎごろに歩き始めた赤ちゃんは、2歳になるころにはしっかり歩けるようになります。それでも、歩き疲れたり眠くなったりすると抱っこをおねだりされることも多いため、3歳くらいまではベビーカーが活躍する機会があるでしょう。

出展:photoAC

購入する時期ですが、退院後すぐに必要となるおむつや肌着と違って、ベビーカーは出産してからでも十分間に合います。抱っこが大好きな子は、なかなかベビーカーに乗ってくれない場合もあります。せっかく買ったのに全然使わなかったということになっては、とても残念。外出できるようになって、赤ちゃんといっしょに試乗してから選べば安心ですね。

■まずは種類を把握しよう!ベビーカーの種類は多種多様

いざ、ベビーカーを検討し始めると、A型、B型、AB型、バギー…たくさんの名称が出てきて、混乱してしまいますね。まずは、ベビーカーの種類を把握しましょう。

・月齢が浅い赤ちゃんにも安心【A型ベビーカー】

出典:photoAC

生後1カ月、もしくは3・4カ月ごろ~3・4歳までの長い期間にわたって使えるタイプ。150度以上背もたれを倒せてほぼフラットな状態にできるため、首が座る前から使えます。月齢が浅い赤ちゃんを守るために衝撃吸収機能などがついており、安全性を重視した作りになっています。デメリットとしては比較的高価なこと。また、高機能を付加しているので、重量があって取り回しがしにくいものが多いです。

・お座りができるようになったら軽量コンパクトな【B型ベビーカー】

出典:@hiroko4lifeさん

B型は生後7カ月ごろから3・4歳ごろまで使えるタイプです。腰が据わってしっかりお座りができるようになったころから使えます。背もたれがフラットにならず、リクライニング機能がないものも。A型と比較して安価で軽量&コンパクト、取り回しやすいものが多いです。

・安心機能をそのままに軽量化【AB型ベビーカー】

出展:photoAC

新基準A型とも呼ばれるAB型。A型の高機能を持ちながら、より軽量&省スペース化されていて、A型とB型のいいとこどり!使える期間はA型と同様で、首が据わる前~3・4歳と、長い期間安心して使えるタイプです。

・軽くてコンパクト!セカンドベビーカーに最適【バギー】

出典:photoAC

バギーはB型ベビーカーの一種です。B型の中でもさらにコンパクトで軽量なところがポイント。値段も安価で簡易なつくりのものも多いため、海外製品の中には後述するSGマーク認証がついていないものもあります。長時間の使用にはあまり向いていないため、メインとしてハードな使い方をするのはおすすめできません。外出先で歩き疲れた場合のみといった、短時間の使用にとどめるのがベターです。

・大きなタイヤで操作性抜群!【3輪バギー】

出典:ベビーカーは何歳まで使える?人気メーカーの対象年齢を徹底リサーチ @ sorm.86 さん

こちらは前方に1つ、後方に2つと、全部で3つのタイヤで走ることが特徴です。タイヤが大きめでクッション性もあるため、段差を乗り越えるのはお手のもの。操作性が良く、小回りが利くのが特徴です。ただし、サイズが大きいタイプが多いため、収納などの際はスペースをとりがちです。

・双子ちゃんや兄弟姉妹で便利に乗れる【​​​​​​二人乗り】

出展:photoAC

二人乗りのベビーカーといえば双子ちゃん用のイメージですが、近年では年の近い小さな兄弟姉妹がいる家庭でも使えると、需要が高まっているタイプ。並んで座る横型タイプと、縦に並ぶ縦型タイプがあります。
横型タイプは、子どもたちの様子を同時に見られるのがポイント。また、縦型よりは取り回しがしやすい形状になります。ただし、スーパーのレジや駅改札は通れない点と、重さもあり折り畳んでも場所をとるため、持ち運びや収納がしにくい点がデメリットです。

縦型タイプは小さな兄弟姉妹がいる家庭に人気です。幅の狭い通路も通りやすく、横型よりは収納もコンパクト。ただし、長さがあるので前方への注意がより必要になります。狭くて急な曲道は曲がり切れない可能性もあるので、自宅周辺の道は事前にチェックしておきましょう。

Recommend

フランス発のブランド・GLOBBERの【ゴーバイク デュオ】でキックバイクデビューしよう♪

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

RECOMMEND

Ranking
[ 人気記事 ]