出典:photoAC

Baby&Kids

【出産祝い】お金の正しい入れ方は?向きやご祝儀袋の選び方などマナーを徹底解説!

出産祝いを贈ったことがある方も、まだ贈ったことがない方も必見!何度贈っても忘れてしまう出産祝いのマナーを徹底解説します。ぜひ最後までご覧ください。

赤ちゃんが生まれた際にお祝いとして渡す出産祝いですが、渡す金額にも相場があるのをご存知でしょうか。せっかくお祝いを渡すならマナーを守って気持ち良く渡したいものですね。今回は出産祝いに関するお金の入れ方や、金額などのマナーをご紹介します!

■贈る相手によって相場金額が違う!贈る前に確認しよう

出産祝いを贈る金額には相場があります。実は、相手とのかかわりによって金額が異なるので確認していきましょう。

・親族に贈る場合は金額が多め

出典:photoAC

身内の場合は1万円のことが多いようです。また、送る自分の年齢でも金額が変わってきます。
自分の年齢が30代~40代以上の場合は1万~3万円ほどが相場となっています。反対に自分が学生だったり20代の場合、またそこまで付き合いがない相手ならば5,000円程度でも失礼ではありません。

・親しい友人に贈る場合の相場は1万円!

出典:photoAC

一般的に友人へ贈る出産祝いは5,000円~1万円程度が平均相場です。
頻繁に連絡をとり、遊ぶような親友であれば1万円、そこまで会わない友人であれば5,000円程度とされています。
また、複数の友人と連名でご祝儀を渡す場合には、1人3,000~5,000円で考えるとよいでしょう。

・会社の上司に贈る場合の相場は5,000円~1万円

出典:photoAC

会社の人に出産祝いを贈る場合もあると思うので、こちらも相場を確認しておきましょう。職場の人に出産祝いを贈る場合には、上司・先輩、同僚・部下で相場が異なります。上司・先輩であれば5,000~1万円、同僚・部下に贈る場合は1,000~5,000円が平均相場です。また、職場内で出産祝いを贈る際には周りの人と金額のバラつきがでないように気をつけましょう。お祝いを贈る前に、事前に同僚と話し合う、連名で贈ると金額にバラつきもなくなるので安心です。

■ご祝儀袋は蝶結びの淡い色のものを選ぼう

出典:photoAC

ご祝儀袋を買いに売り場に行くとさまざまな種類が店頭に並んでいます。どんなご祝儀袋を選べばいいのか解説します!

・そもそも祝儀袋ってどんな意味があるの?

出典:photoAC

祝儀袋とは、お祝いでお金を入れる際に使用する紙袋です。日本は昔から人が汚されているという考えがありました。お祝いの品を贈る際には、中に包まれている品は清らかなものだという意味を込めて、清潔感のある白の包みに水引を結んだ状態で渡していたことが由来です。

・出産祝いのご祝儀袋は白か柔らかい印象を与える色がおすすめ!

出典:photoAC

ご祝儀はお祝いとしてお渡しするものなので、暗い色は避けた方が良いでしょう。基本的には、お祝いごとには白が好まれます。出産祝いに贈るなら淡い色でやわらかい印象のものを選ぶのも◎何色にしようか迷ったときには、清潔感のある白いご祝儀袋を選びましょう。贈る相手が兄弟や、姉妹など関係が強い場合には、デザイン性のあるおしゃれなご祝儀袋を使用しても問題ありません。
出産祝いのご祝儀袋は種類豊富なため、贈る相手との関係性に合わせて選びましょう。

・水引は紅白か赤銀の蝶結びのものを選ぼう! 

出典:photoAC

水引の種類は、結びきり、蝶結びなどの種類がありますが、出産祝いに贈る場合は何度繰り返してもうれしいという願いが込められている、蝶結びの水引を選びましょう。ただし、最近は水引なしでカジュアルに使用されるご祝儀袋もあります。また、10本の水切りは婚礼用なので使用しないように注意しましょう。 

・ご祝儀袋にかける金額は包む金額の1/100!

出典:photoAC

ご祝儀袋にかける金額の目安は、包む金額によって異なります。例えば、多くお金を包むのであれば、華やかなご祝儀袋を。1万円前後であれば、水引やのしがないものや、予め印刷されているものが良いでしょう。包む金額の1/100が祝儀袋にかける値段の目安です。

Recommend

遊んで飾って!音やしかけが楽しい【MOOMIN BABY】の木のおもちゃはギフトにもおすすめ♪

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

RECOMMEND

Ranking
[ 人気記事 ]