我が強いのは賢い証拠。2歳児の反抗にはリピート法で対処する

Baby&Kids

我が強いのは賢い証拠。2歳児の反抗にはリピート法で対処する

 

第一次反抗期真っ盛りに疲れ果て、不安を覚えるお母さんも多いことでしょう



子どもが「お昼はご飯が食べたいの!」と要求して慌てて用意をしたのに、「イヤだ~うどんがいい」と泣き叫んだり、「お腹がすいた」と言ったはずなのに、何も食べなかったり・・・。そんな風に子どもに振り回されている感覚になり、ワガママを許してしまっていいのだろうか?と悩んだり、または子どもの要求への対応に疲れ果ててしまい、子育てへの不安を抱いてしまうお母さんも多いのではないでしょうか?「私の方が泣きたくなるわよ」と弱音も出るでしょう。



 

2歳は学びの力が完成し、知能が著しく発達する時期。自己主張が強いのは“賢い”から



体の機能も言葉の機能も、この頃は未熟ですから、何をしても上手に出来ないのです。でもやってみたいのです。上手に出来ない事を十分に言葉で伝えられないもどかしさが子どもにはあります。「もっと上手にしたい」「本当は手伝ってほしい」という感情はわいてくるのですが、使える言葉は「イヤ」「ダメ」くらいないのです。これは子どもなりにたくさんの葛藤と戦っている証拠なのです。



 

0歳は強い心を、1歳はたくましい体を、2歳はしなやかな知性を育てます



上手に物を持てなかったら「一緒に持って」と言うのよ。一人で出来なかったら「手伝って」「教えて」と言うのよ。このように語彙力の少ない子どもに感情を上手に表現できる言葉を教えてあげるチャンスです!感情を表す言葉は形容詞の表現です。「悲しい」「さみしい」「悔しい」「嬉しい」。上手く伝えられない子どもも、欲求不満がいらだちとなってしまっているのです。出来るだけ状況に合わせてたくさん教えることが効果的です。イヤイヤ期は「感情を受け入れ、行動は正す」で対処してみましょう。

子どもの反抗に正論で向かっても逆効果。困ったら抱きしめましょう



子どもは反抗しながら自我を確立していきます。反抗とは自分の存在や意識を主張し、社会の中で生きていくために大切な人間の持つ性質なのです。まずは「そうね~イヤだったのね」と主張と感情を受け止めてあげましょう。「歯磨きしましょう」「イヤだ」「そう。イヤなのね。ばいきんさんいっぱいだね。怖いね」子どもの言葉を繰り返していくうちに高ぶった感情も徐々におさまってくることでしょう。これをリピート法と言います。残念ながら、反抗期に反抗をやめさせることはできません。上手に受け入れ、受け流しながら対処しましょう。



 

【今日の1日1成長】



子どもの嵐のような反抗はつかの間。高ぶった感情にはリピート法で対処する。子どもの自立も1成長、ママの初認力も1成長。

森みきこ(文)竹内エリカ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)info@jakc.or.jp

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!