「早くしなさい!」では考える力が育たない。「だから言ったでしょ!」では人格否定をしてしまう

Baby&Kids

「早くしなさい!」では考える力が育たない。「だから言ったでしょ!」では人格否定をしてしまう

 

「早くしなさい!」では考える力が育たない。「だから言ったでしょ!」では人格否定をしてしまう



イヤイヤばかり言っていた時期を過ぎてひと安心かと思いきや、なんでも自分で!という3歳期。牛乳は自分でコップに入れたい!と言い張り、案の定、こぼしてしまう・・・こんな時はどうしますか?「早く拭きなさい!」では考える力が育ちません。「だから言ったでしょ!」「いつもそうなんだから!」では人格否定をしてしまいます。この時期は要求しても何事も未熟さが伴うのでお母さんが完璧を目指すと、子どもは新しいことに挑戦することを避けるようになってしまいます。



 

失敗しないように生きることを教えるのはなく、失敗したときに自分で責任を取ることを教えましょう



牛乳をこぼしてしまった時は「こぼしちゃったね」と子どものしたことを繰り返してください。子どもは牛乳をこぼしてしまった事実を再認識します。これで反省は十分です。その後は「どうしたらいい?」と尋ねてみてください。失敗した後の処理の仕方を自分で考えさせるのです。「わからない」と答えたならば、布巾で拭くのよ。そして洗って干すのよと教えます。これは失敗したらどうするか?と考えさせる前の段階の「teach(教え)」です。次からは「どうしたらいい?」と問いて考えさせるのです。これは「coach(導き)」です。



 

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]