投稿写真:「息子の結輝2歳です」(晴佳・23歳)

Baby&Kids

「買って~!」と泣き叫ぶ子どもに根負けせず我慢する力を養おう

vol.324【1日1成長お母さん】泣きわめく子どもには感情的にならずに“「いいよ」話法”で対応する

泣き叫ぶ子どもに根負けすると、泣けば買ってもらえるという成功例を学ぶ

スーパーやデパートで、「買ってー!」と言う子ども。「今日は買わないよ!」とお母さん。さらに泣き叫ぶ子ども。「置いていくよ!」と怒るお母さん。一度離れて、子どもが地面にひっくり返っている姿をため息をつきながら眺め、周囲の目線を気にして「もう、じゃあ1個だけよ!」「小さいおもちゃにしなさいよ」と結局買ってしまう…よくある光景です。この一連ことから、子どもが学ぶこと。それは、泣き叫び続ければ、お母さんは根負けして自分の要求を聞いてくれることです。

4歳は予測脳が発達し自己主張が激しくなる。時期特性を理解して対応する

子どもは4歳頃になると記憶力が発達し、先を見通す力が発達します。これが“予測脳”です。この“予測脳”の発達に伴い、「約束」や「我慢」ができるようになっていきます。一方自己主張も強くなり拒否されると「お母さんなんてキライ」など否定的な言葉で攻撃してくるのもこの時期です。先ほどの例は子どもの要求を拒否し、子どもが拒否されたことに怒りを覚えて感情をぶつけ、お母さんがそれに怒って子どもが泣き、泣き叫んで結局自分の要求を押し通すという悪いループになってしまっています。でも4歳の時期特性を理解し、これを良いループに変えることができます。

子どもの要求を一度受け入れる。「いいよ」話法で聞く耳を持てるようになる

子どもが「買って」と言い始めたときに、「いいよ」と一度受け入れましょう。頭ごなしに「ダメ」と言われると誰でも頭に来ますが「いいよ」と受け入れられると気持ちがよいもの。そのあとに「お母さんのお買い物が終わるまで待ってね」と付け加えます。子どもは自分の欲求が満たされ、「わかった」と待ってくれるでしょう。そして買い物が終わったら、「待ってくれてありがとう」と声をかけ、約束通りお菓子を買ってあげます。これを2週間続けてみましょう。

子どもはお母さんが必ず約束を守ってくれるとわかれば我慢できるようになる

子どもは、お母さんは約束を守ってくれる、待てば必ず要求はかなえてもらえる、の2つを学び、次第に駄々をこねなくなっていきます。ポイントは、した約束は必ずどんなことがあっても守ること。そして子どもが「待つ」「我慢する」時間を少しずつ長くしていくこと。待てば要求がかなえてもらえる経験を重ねることで、「今日はおもちゃは買わないけどお誕生日に買ってあげるね」などの長期間にわたる我慢ができるようになっていくのです。

今日の1日1成長

子どもの「買って!」には根負けせず、“「いいよ」話法”と約束で対応しよう。
子どもの我慢も1成長、ママの約束も1成長。
玉井ユカコ(文)竹内エリカ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!