投稿写真「息子の湊4カ月です」(唯・25歳)

Baby&Kids

子どもの「やりたくない!」は「やりたい!」が見つかった証

vol.367【1日1成長お母さん】
「やりたくない」に拘らず「やりたい」理由をさがしてみよう

やりたくない!には理由がある。「やりたい」を見つけるヒントだと思って!

せっかく始めた習い事。親というのはできれば長く続けてほしいし、できればそれなりの成果や結果を出してほしいと願ってしまうものです。でも意気込んで始めたことでも少しのつまずきで嫌になったり、眠気に勝てず不安定になりぐずってしまったりと子どもの心身のコンディションは整わないのが現実です。大人も同じで、やりたい気持ちが維持できない時には自分の気持ちと裏腹に集中が欠けて、止めたいと考えたりしてしまうものですね。

うちの子は飽きっぽいの、とネガティブに捉えないで!

子どもが「イヤだ」「やめたい」と言い出したら、まずはその理由をしっかり聞いてみてください。「英語に行きたくない」どうして?「夕方は眠いもん」「スイミングもう嫌だ」どうして?「だって泳げないもん。遊んでいるだけの方が楽しかったもん」そんな本音をぜひ引き出してあげてください。まずは子どもの心を理解する。そのスタートが出来ていれば解決策はきっと見つかります。

まずは子どもの気持ちを受け止めて、心をからっぽにしてあげましょう

自分では気づかないけれど、私たち親って説得が大好き!子どもが本音を話してくれた時大人は即座に「そんなこと言わないで行きなさい」「今が頑張り時よ。もう少しやりなさい」と説得してしまいがちです。こんな時は子どもの言葉を受け入れて(アクノリッジ)子どもの言ったことを繰り返します。子どもも言いにくい思いを伝えたのに、否定され説得させられては気持ちの行き場がなくなってしまいます。

「頑張れた」体験ができた子どもは、他の場面でも乗り越えられます

不安になったり、やめたくなったりする感情は誰にでもあるものです。いけないことと教えるよりも「じゃあどうしたらいい?」と一緒に改善方法を探してみてください。スクールで泳ぐよりも遊びをしたい子には休みの日に一緒にプールで遊ぶ?夕方は眠くて行きたくないなら、早く寝るようにしてみる?もしくは早い時間帯に変更してもらう?など子どもと一緒に解決策を探してみるのがいいのです。「やりたくない」という言葉にこだわらず、子どもと一緒に「できる方法」探しをしてみましょう。新たな発見があるかもしれません。

今日の1日1成長

「やりたくない」背景にある思いを見つけてあげればやる気が復活します
子どもの自信も1成長、ママの承認力も1成長。
森みきこ(文)竹内エリカ(編集)日本キッズコーチング協会理事長竹内エリカ(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!