Baby&Kids

「お母さんおしっこついてきて!」おうちのトイレも行けないの?

vol.427【1日1成長お母さん】甘えたい気持ちを十分に満たすと心の強い子どもに成長します

「おしっこぐらい一人で行きなさい!」いつまでたっても甘えん坊

トイレトレーニングが始まりおむつを卒業。「おしっこ一人でできるもん!!」とついてくるなと言わんばかりに何度も楽しそうにトイレへ向かう。そんな微笑ましい時期も過ぎ、当たり前のように一人でトイレにも行けるはずの年齢なのに、なぜかお家では「おしっこついてきて!」「一人でいけない!」そんなことを言い出す時期があります。できなかった時期は優しく見守れることも、できるはずのことを「できない」といわれるとお母さんにとってはイライラもしますよね。

甘えたい気持ちを満たすのは、甘やかしにつながりますか?

「甘えさせる」と「甘やかし」の境界線はいったいどこにあるのでしょうか?「甘やかし」とは、子どもが自分でできることに対し、できないから、かわいそうだからとすべてに手助けをしてしまうこと。親が先回りをしてお世話をしてあげることを言います。「甘えさせる」ことは子どもが愛情を求めているときに、そのタイミングで満たしてあげることです。子どもの自立と成長には「甘やかし」よりも「甘えさせる」ことが必要なのです。

子どもは不安な気持ちから、それを解消するために甘えたいと感じる

小学校に入学したばかりのKちゃん。いつもはしっかり者ですが最近お家で甘えることが多くなってきました。お母さんが気になるのはトイレに一人で行けなくなってしまったこと。忙しく家事をしている中でも「お母さん!おしっこついてきて!」トイレのたびに要求してくるのです。これは、小学校へ入学し新しい環境になるなど子どもは不安やストレスを感じると様々な形でお母さんに甘えを受け入れて欲しいという行動に出るのです。

お母さんはいつだってわかってくれるそんな安心感が子どもの心を強くします

子育ての最終目的は自立させることです。いつまでもお母さんがいるわけではありません。「甘やかし」は自立を妨げることに繋がりますが、自立するためにはどんな自分でも大丈夫と受け入れてもらえる安心感が必要なのです。Kちゃんの新しい環境への不安を感じたお母さんは「おしっこついてきて!」のメッセージから今は甘えさせてあげるタイミングなのだと感じ、笑顔で一緒に「おしっこ行くわよ!」と上手に甘えさせKちゃんの安心感につなげることができました。

今日の1日1成長

子どもの「甘え」は上手に受け入れ自立した強い子どもに育てよう!
子どもの自立も1成長、お母さんの甘えの見極め力も1成長。
うえだきょうこ(文)竹内エリカ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!